高雄市政府提供

写真拡大

(高雄 21日 中央社)高雄ミズノ国際マラソンが21日、高雄市内で開催され、国内外から集まった約3万人が晩冬の港町で走りを楽しんだ。

3.5キロの部門にはご当地キャラクターも参戦。高雄市政府農業局の高通通(ガオトントン)のほか、千葉県のチーバくんが駆けつけ、大会を盛り上げた。

一方、この日は微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度が高まり、大会側は気管支拡張剤や目薬を用意して不測の事態に備えた。

(程啓峰/編集:齊藤啓介)