杉並区議会の小林優美議員が同性愛を「個人的趣味」だと発言し、一部で批判されている。

15日の杉並区議会・第一回定例会で、自民・無所属・維新クラブの小林議員が「性的マイノリティ」についての質問をした。

質問の中で小林議員は、「トランスジェンダー」と「レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル」を明確に区別すべきだと主張した。

小林議員の認識では、トランスジェンダーは医師の認定が必要な「障害」であり「彼らの人権のために区が啓蒙活動をするのは問題ない」という。

一方で小林議員は、「レズ・ゲイ・バイ」については、「性的指向であり、現時点では障害であるかどうかが医学的にはっきりしていません」との見解を示し、「そもそも地方自治体が現段階で、性的指向、すなわち個人的趣味の分野にまで多くの時間と予算を費やすことは、本当に必要なのでしょうか」と疑問を投げかけていた。

小林議員による「性的指向」を「個人的趣味」だと片付ける認識は、物議を醸したようだ。豊島区議の石川大我議員も自身のTwitter上で「自民党系の小林ゆみ議員の質問が酷い」「誤解と差別に満ち溢れた質問」と批判した。

石川議員は続けて、「性的指向はほぼ生得的なもので、個人的趣味ではない」とつづり、小林議員の見解を真っ向から否定している。その他にも、トラスジェンダーを全て性同一性障害と捉え、治療の対象とする小林議員の認識についても異議を唱えている。



(「性的マイノリティ」に関する質問は7分30秒から)



【関連情報】
杉並区議会議員 小林ゆみブログ

【関連記事】
海老名市議会議員が同性愛者を「異常動物」と表現し、謝罪する事態に
田母神俊雄氏 「同性愛は異常」発言を報じるメディアを批判「言論弾圧」
東国原英夫氏 一般人時代の塩村あやか氏に「議員に向いている」