ラーメンが中国生まれの料理であることは、日本人であれば誰でも知っていることだ。ラーメン発祥の地だからといって、日本人が中国のラーメンについて期待し過ぎるのは禁物だ。中国のラーメンと日本のラーメンはもはや別料理といえるほど違っているからだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 ラーメンが中国生まれの料理であることは、日本人であれば誰でも知っていることだ。ラーメン発祥の地だからといって、日本人が中国のラーメンについて期待し過ぎるのは禁物だ。中国のラーメンと日本のラーメンはもはや別料理といえるほど違っているからだ。

 中国では日本のラーメンは日式拉麺と呼ばれ、大きな人気を得ているが、中国メディアの網易はこのほど、中国には数々のラーメンが存在するとしながらも、「なぜ日本のラーメンには敵わないのか」と伝え、中国には数々の麺料理があるにもかかわらず、なぜみな日本のラーメンを好むのかと疑問を投げかけた。

 記事はまず、日本でラーメンが広まった背景を紹介したうえで、「今や日本の国民食となった」と紹介。チャーシューやメンマ、ネギなどがトッピングされた日本のラーメンは中国人にとっても非常に美味しいもののようで、「日式拉麺を愛さずにはいられない」と論じた。

 さらに記事は、日本と中国のラーメンの大きな違いは「麺」と「スープ」にあるとし、中国の麺は「手で引っ張って延ばして作る」ことが基本であると指摘。中国語の「拉」とは「引っ張る」という意味があり、拉麺とは「引っ張って作った麺」という意味になる。一方、日本のラーメンの麺は「細く切って作る」ことが一般的だと紹介した。

 また、日本の麺は弾力を出すために、炭酸ナトリウムもしくは炭酸カリウムなどを主成分とした「かん水」が加えられるとしながらも、中国の大部分の麺にはかん水が使われないと紹介した。そのほか、スープの違いについて、中国のラーメンのスープは豚肉もしく牛肉、海鮮を煮だして作ると紹介。さらに中国の場合は中国独特の調味料も加えられるため、スープは日本のものと大きく異る味になることを紹介した。

 同じ麺料理であっても、「日式拉麺を愛さずにはいられない」となるほど、日本と中国のラーメンは大きく異なる料理だ。中国のラーメンもおいしいのだが、日本のように「国民食」と言えるほどの地位はなく、ラーメンはまさに日本で花開いた中華料理の1つと言える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)