スバルのゲレンデタクシー、前回はエコーバレースキー場での様子をお届けしましたが、シーズンファイナルとなる福島県「裏磐梯猫魔スキー場」にもお邪魔してきました!

ゲレンデタクシーとはスバルのSUVがリフトの代わりとなり、スキーヤーやスノーボーダーをゲレンデ上部へ運ぶスペシャルイベント。

年々知名度も高くなり、参加者も増え、エコーバレースキー場では昨年に続き多くの来場者が集まりました。その数は581組 1388名とゲレンデタクシー史上最高の来場者数となったそうです。

088

イベントはゲレンデをSUVで駆け登る「ゲレンデタクシー」のほか、スペシャルドライバーによるデモランなども開催され、スキーヤー、スノーボーダーのみならず、多くのクルマ好きも楽しめるイベントとなっています。

もちろんゲレンデを駆け上るだけでなく、走りながらプロドライバーによるメカニズムの解説なども受けることができるので、ディーラーでの試乗とは異なった体験ができるのもゲレンデタクシーの特徴です。

動画を見るにはこちら

今年のスペシャルドライバーは、北海道では全日本ラリーで活躍中の鎌田 卓麻選手、長野・福島では同じく全日本ラリーで活躍中の新井 敏弘選手とスバルを代表する2名のプロドライバーによる走りを堪能することができました。

845349

通常、ゲレンデをクルマで登ることはありえない状況ですが、ノーマルのクルマ、しかも市販のスタッドレスタイヤを装着したスバル車が力強く斜面を駆け上る姿はウインタースポーツをするユーザーに格好のアピールといえるでしょう。

176767

元々悪路走破性の高いスバル車ですが、多くの人にその走りを知ってもらうためには、なにより目で見て、体感してもらうことが一番わかりやすいプレゼンテーション。ゲレンデタクシーは楽しみながらゲレンデをクルマが駆け上がるという非日常的な体験をすることで、わかりやすくその性能を体感できるイベントといえます。

332

従来はスキーヤーやスノーボーダーを対象に登りだけの体感イベントでしたが、今シーズンはスキーやスノーボードを持っていない人でも乗車が可能で、下りではフォレスターやアウトバックに装備されるX-MODEを使ったヒルディセントコントロールなども体験することができました。

これは、スキー場の帰り道など、滑りやすい路面でも安心して坂を下ることのできる装備としてぜひとも体感してほしい装備。急な斜面でも一定の速度をキープしたまま下ることのできるヒルディセントコントロール機能はさらなる安心をプラスする装備といえるでしょう。

670432

また、ゲレンデタクシーで感じた特徴として、スタッフのすべてが楽しさを演出している点。待ち時間も退屈させることない様々な演出にお客さんとスタッフの一体感を感じることができました。

772 783

今シーズンはゲレンデタクシー初の福島県での開催でしたが、すでにゲレンデタクシーを知っている人も多く、東北地方での開催を待ち焦がれていた人も多かったようです。福島での参加者は2日間で453組1025名と初開催としては大盛況のイベントだったといえるでしょう。

_MOX4817-1

最終日のデモラン後はスタッフと来場者で記念撮影!まさにお祭り騒ぎとなった福島開催となりました。スバルのSUVがもつポテンシャルの高さを体感しつつ、スタッフとお客さんが一体となって楽しめるイベントとして、来シーズンの開催も期待が高まります。

是非来シーズンは、開催地を増やし、多くの人に楽しみながらスバル車のもつ悪路走破性の高さを体感してほしいと感じるイベントでした。

(井元 貴幸)

【関連記事】

ワールドチャンピオンがタクシードライバーに!?【ゲレンデタクシー2016】
http://clicccar.com/2016/01/25/350733/

今シーズンのゲレンデタクシーファイナルは来場者もスタッフも一緒にお祭り騒ぎ!【ゲレンデタクシー2016】(http://clicccar.com/2016/02/21/353584/)