17日、韓国最大の芸能事務所SMエンタテインメントがソウルの本社屋内に韓流グッズなどを扱う「韓流コンビニ」を準備していることが分かった。早ければ3月にもオープン予定という。写真は少女時代。

写真拡大

2016年2月17日、韓国・中央日報によると、韓国最大の芸能事務所SMエンタテインメントが、ソウルの本社屋内に韓流グッズなどを扱う「韓流コンビニ」を準備していることが分かった。早ければ3月にもオープン予定という。

【その他の写真】

同社は現在ソウル市内4カ所で所属韓流スターの関連グッズを販売するショップ「SUM」を運営しているが、新たにオープンする「SUMマーケット」は、スターグッズの中でも食品に力を入れたコンビニエンスストアタイプとなる予定だ。すでに「SUM」で人気となっている「スーパージュニア・ナッツ」「EXO餅米のりスナック」「少女時代ワイン」といった商品の他にも、大手スーパー「イーマート」との協業により多彩な食品が販売される見込みだ。

これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「そのうちSMが国を建てそうだ」
「うわあ、お金もないのにまた買わされる」
「高くても売れそう」

「なんと、買わずにはいられない…通帳のお金も引き出さないと」
「地方に住んでるファンのことも考えてほしい」
「SMはすごい。もう衣食住全部を1社で解決してくれそうだよ」
「買う方もスポンサーが必要」

「お願いだから値段だけは良心的にして」
「子どもの財布から金を抜き取ろうとしている」
「価格が適正か、製品の成分や内容量をチェックしたい」
「1000ウォン(約90円)のドリンクに、EXOの顔を付けて1万ウォン(約930円)で売るんだろう」(翻訳・編集/吉金)