19日、三峡晩報によると、湖北省宜昌市で変質者に遭遇した女性が、翌日、街中でその変質者に遭遇する事件があった。資料写真。

写真拡大

2016年2月19日、三峡晩報によると、湖北省宜昌市で変質者に遭遇した女性が、翌日、街中でその変質者に遭遇する事件があった。

15日午後、46歳の趙(ジャオ)さんが公衆トイレに入った際に、見知らぬ男が突然ズボンを膝まで下して趙さんの前に立ちふさがった。男は顔に薄ら笑いを浮かべ、下品な動作をしていたという。趙さんはとっさに大声をあげ、男の股間を思い切り蹴り上げた。男は慌ててズボンを上げて逃走。趙さんは警察に通報した。

翌日、趙さんが事件現場近くの路上を歩いていると、前方に犯人と背格好がよく似た男がいるのを発見。相手は趙さんに気付いていなかったため、趙さんは男を尾行し観察。そして、犯人だと確信した時点で警察に通報。駆け付けた警官が男を逮捕した。男は「初めは女子トイレをのぞこうと思ったが、女性が入ってくるのを見て我慢ができなくなった」と供述しているという。なお、男には10日間の拘留処分が科されている。(翻訳・編集/北田)