日系米国人のシブタニ組、アイスダンスで優勝=台湾開催の四大陸フィギュア

写真拡大

(台北 20日 中央社)フィギュアスケートの四大陸選手権第2日は19日、台北でアイスダンスのフリーダンスが行われ、ショートダンス1位の日系米国人の兄妹アレックス・シブタニ、マイア・シブタニ組が合計181.62点で優勝に輝いた。

2人は、四大陸選手権のような大きな大会を制するのは初めてで、とても嬉しいと語ったほか、今シーズンで最高の演技ができたことは自信になったと述べた。シブタニ組は米ボストンで来月末から開かれる世界選手権にも出場予定。

日本の村元哉中、クリス・リード組は合計145.83点で7位、117.06点の平井絵己、マリオン・デラアスンシオン組は12位だった。

(李晋緯/編集:杉野浩司)