精悍な顔つきになるなど、マイナーチェンジを受けた新型メルセデス・ベンツAクラス。好調な同ブランドを牽引するトップバッターとして、十分な貢献(もちろん販売面で)をしています。

改良後モデルの試乗は、試乗車の都合で713万円と別格の「Mercedes-AMG A 45 4MATIC」となりました。なお、価格は変更前の685万円から28万円アップしています。

とにかく見どころは満載。改良前から量産4気筒ターボでは世界一の360psから381psに引き上げられているほか(最大トルクは450Nmから475Nm)、マフラー内のフラップによりエグゾーストノートを切り替える「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」を標準装備するなど、「武闘派」にふさわしい走りの演出も抜かりありません。

20151211MB A45AMG_02120151211MB A45AMG_009

「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」は、「Comfort」と「Sport」ではフラップが閉じることで落ち着いた音になりますが、「Sport+」、「Individual」ではフラップが開くことで猛々しいサウンドを響かせます。

MB_A_CLASS_01MB_A_CLASS_02

試乗コースにトンネルがあったため、「Sport+」「Individual」だと共鳴音がすさまじく、住宅街などでは使わない方が良さそうですが、山岳路や高速道路などで飛ばす時には演出とはいえ、痛快な気分が増しそう。加速力は暴力的といえるほどで、4WDの4MATICでも不用意に踏み込むとホイールスピンしながらステアリングが左右に取られるほど。

改良前の360ps/450Nmでも十分過ぎるほどトルクフルかつパワフルでしたから、381ps/475Nmまで向上させる理由は公道での「実用上」はなかったはず。

20151211MB A45AMG_001

こうした高性能車の魅力を大きく左右するカタログ上のスペックが高まったことで、ほかのセグメントからサイズ面での「ダウンサイジング」もありそうです。

ほかにも、オプションの「AMGアドバンスドパッケージ」には、デフロックも新たに加わっていて、サーキット走行などでのトラクション確保に貢献してくれそう。

20151211MB A45AMG_001MB_A_CLASS_01MB_A_CLASS_0220151211MB A45AMG_00920151211MB A45AMG_01920151211MB A45AMG_021

(文/塚田勝弘・写真/小林和久、塚田勝弘)

【関連記事】

■人気のメルセデス・ベンツAクラスがマイナーチェンジでさらに高めた魅力とは?
http://clicccar.com/2016/02/16/354569/

速すぎて笑いが止まらない!? 381ps/475Nmを誇る「Mercedes-AMG A 45 4MATIC」(http://clicccar.com/2016/02/20/354585/)