脳の神秘は測り知れない

写真拡大

オーストラリアの男性が、こん睡状態から目覚めた瞬間、それまで得意ではなかった中国語を流ちょうに話すようになり話題になっている。しかも、美人の中国人弁護士と結婚する幸せぶりだ。

まさに脳の神秘で、専門家は「目覚めた時に最初に見た人間が、キレイな中国人看護師だったので、脳の中で新しい中国語回路が目覚めたのでは」というのだが......。

美人看護婦のおかげで中国語のスイッチが

このラッキーな男性は、メルボルン在住のベン・マクマホンさん(24歳)。2012年に大きな交通事故に遭い、1週間こん睡状態に陥った。病院で目覚めると、突然中国語(北京語)をペラペラ話すようになり、周囲を驚かせた。高校時代に少し中国語を勉強、その後、中国をバックパックで旅行、北京に短期留学をした経験はあるが、中国語が堪能とはいえなかった。

会話だけでなく、思考や夢まで中国語で考え、見るようになった。その代わり、母国語の英語をすっかり忘れて、両親は、息子と話すために中国語を勉強しなくてはならないのかと真剣に悩んだほどだ。ただし現在は、少しずつ英語を思い出し、日常会話ができるまでに回復している。

それにしてもなぜ、急に中国語を話すようになったのか。マクマホンさんは、地元メディアのインタビューにこう話している。

「(病院で目覚めた時)目の前にキレイな中国人女性(看護師)が立っていました。一瞬自分は中国にいるのだと思いました。何か話さなくてはと思ったら、『何が起こったのですか? こことここが痛いです』と自然に中国語が出ていました。そして紙とペンを取ると、『お父さん、お母さん、愛しています。早く回復したい』と中国語(漢字)で書き綴っていました」

この話を聞き、脳の専門医は地元メディアの取材にこう説明している。

「マクマホンさんには中国語の下地があった。こん睡状態の間に脳の言語スイッチが入れ替わり、目覚めた直後に初めて見た女性の存在が、脳の新しい言語スキル(中国語)の引き鉄を引いたと考えられます」

悲劇が幸福を生む「塞翁が馬」のことわざ

マクマホンさんはその後、メルボルン大学に入り、中国語を専攻。地元テレビ局の中国語放送のお見合い番組に出演したのが縁で、シドニーで弁護士をしている中国系の風水郭さんとパートナーになった。この人も美人だ。

現在、中国旅行ツアーを案内したり、地元の中国語放送のホストをしたり、中国語を生かす仕事をしている。そして、「中国にはいいことわざがある。『悲劇から素晴らしい何かが次々と起こる』(人間万事塞翁が馬)。それが私です」と語っている。