19日、中国メディアの環球時報は、日本メディアの報道を引用し、東京都の舛添要一知事が日本政府に対し、尖閣での漁業施設整備を提案したと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は尖閣諸島。

写真拡大

2016年2月19日、中国メディアの環球時報は、日本メディアの報道を引用し、東京都の舛添要一知事が日本政府に対し、尖閣での漁業施設整備を提案したと伝えた。

舛添知事は日本メディアのインタビューに応じた際、尖閣について、「8回にわたり国に対し、漁業施設整備や環境保全などを提案してきた」と語った。舛添知事はさらに、漁業施設を整備することは長期的意義があり、日米安保協力の強力な武器になるとの見方を示したという。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「造らせたらいいさ。どうせ某国は抗議しかしない」
「日本に建設する肝っ玉があるなら、口汚くののしってやる!でも戦うわけじゃないよ」

「われわれには強制取り壊しというものがあるからね」
「日本が建設するなら、われわれは城管(都市管理職員)を派遣して強制的に壊すよ」

「城管はどこだ?早く尖閣諸島へ行かないと!」
「世界平和は要りませんという勢いだな」

「日本は米国の原爆を恐れるのに、中国のことは恐れないのか?」
「尖閣諸島は中国固有の領土なのに、中国の同意なしで建設しようとはなんてごう慢なんだ」

「中国人はすでに爆買いすることで資金を提供してしまっている」
「また視線をそらさせているよ。尖閣は本当に使える話題だよな。ことあるごとに出してくる」(翻訳・編集/山中)