17日、中国西安市で、“米国風パトカー”が走行しているのをパトロール中の西安交通警察が発見した。

写真拡大

2016年2月17日、中国西安市で、“米国風パトカー”が走行しているのをパトロール中の西安交通警察が発見した。

【その他の写真】

この“米国風パトカー”は、黒の中国車の側面やボンネットにスプレーで「POLICE」と塗装したもの。警察の調べによると、この車はドライバー本人の所有物で、春節(旧正月)前に人目を引こうとこのように塗装したという。警察は関係法に基づき、違法な塗装を落とすよう指導したという。

中国のネットユーザーからは、「パトランプが足りないぞ!」「やりすぎたな。(干支の)サルの絵だったら止められることはなかっただろう」「このバカな国…」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)