川内優輝=中華民国陸上競技協会提供

写真拡大

(台北 20日 中央社)中華民国陸上競技協会は19日、「最強の市民ランナー」「公務員ランナー」などと呼ばれている川内優輝(28)が3月20日に新北市で行われる万金石マラソンに出場すると発表した。川内は大会への参加を通じ、台湾南部で起きた地震の被災者を勇気づけたいとしている。

同協会によると、川内は同時期に多額の報酬が出る中国大陸の大会からも招待を受けていたが、最終的に台湾の大会を選んだという。

川内は埼玉県庁で働く公務員で、実業団に所属しない「市民ランナー」として活躍。世界陸上男子マラソン日本代表として2011年の大邱大会と2013年のモスクワ大会に出場したほか、2014年の仁川アジア大会では銅メダルに輝いている。マラソンでの自己ベストは2時間8分14秒。

(李宇政/編集:杉野浩司)