透明な犬が散歩してる?皆が笑顔になる魔法使いアキットさんの「都市伝説パフォーマンス」

写真拡大

インターネットから人気に火が付いた「魔法使いアキット」さんってご存じですか?2月19日の『Oha!4 NEWS LIVE』(日テレ系)でも特集されるなど今最も注目される一人。

彼がインターネットで話題になったのは今年1月上旬のこと。長野県内で透明な犬を散歩している人がいる、とあちこちで目撃情報が書き込まれ動画や画像がアップされて騒然となりました。
画像や動画を見てみたら飼い主さんが持つリードの先には犬の首輪とお洋服だけが空中に浮いているではないですか。
しかも、その透明な犬がまるで生きてそこにいるかのように動いて吠えたりも!どうなってんだこりゃ!?

【関連:猫のマジック?まるで空中を歩いているような猫の写真】

魔法使いアキットさん公式ブログより。

そんな透明な犬を散歩していたのが、魔法使いアキットさんでした。これは「都市伝説パフォーマンス」と呼ばれ、嘘のような本当の出来事が都市伝説的に人から人へと拡散され筆者の目にも入ってきたというわけでした。

透明な犬はマックスと名付けられており、アキットさんが中学生のときに愛犬を亡くした同級生に「手品で犬を生き返らせてほしい」と言われたことが発端となって誕生したそうです。

そんなアキットさんは長野県生まれのマジシャンなんだそうです。4歳からマジックを始め、2009年頃からは「マジカルな清掃員」として長野駅に突如現れ、実際にはガラスがないところをあたかもそこにガラスがあるかのように拭いていくパントマイムを「長野駅に来た人におもてなしを」と名前も明かさず自主的に行っていたそうです。
この他にもスプーンやフォークをぐるんぐるんに曲げる「長野曲げ」が過去にテレビで紹介されたことも。現在は高度なパフォーマンスをこなすマジシャンとして活躍中です。

ちなみにディズニー・シーの超人気ファンカスト(清掃員に扮したパフォーマー)・橋本さんと同一……なんて“ウワサ”もあるそうですよ。あくまでウワサ。ウワサですけどね♪

舞台の上だけでなくマジックを使って何気ない日常もワクワクするものにしてくれるなんて、本当に現代の魔法使いと言っても過言ではないのではないでしょうか。
そんなアキットさんの公演は公式ブログにてぜひチェックしてみてくださいね!

▼参考
魔法使いアキットさん公式(blogInstagram