「人の身体は、30種類ほどの元素で構成されている60兆個の細胞の集合体です。その元素のうち、酸素や水素、炭素、窒素の4元素で体重の90%ほどを占めているため、人の身体は化合物と言うことができます。健康とは、これらの細胞が正しく機能している状態のことを言います」
 とは、昭和大学病院消化器内科の外来担当医。
 ただし、これらの元素はそのまま取り込むことができないため、人間は食べ物や飲み物の栄養素から摂取することになる。中でも欠かせないのが、脂肪、タンパク質や炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大栄養素だ。

 一般的に脂肪とは、これらの栄養素としてのものを指すが、すでに体内に蓄積しているものを“体脂肪”と呼び区別する。
 「この体脂肪の働きは、大きく3つに分けられます。1つ目はエネルギーの貯蔵、2つ目がタンパク質の節約、3つ目が体温調節です」(同)

 まず、「エネルギーの貯蔵」に関してだが、エネルギーは我々の体内にある糖質、タンパク質、脂肪などの中に蓄えられる。身体が正常な働きを維持しようとする際、このエネルギーが最も重要で、脂肪組織に蓄えられた脂肪がエネルギー源として必要な時に燃焼し、足りなくなると補給するという重要な役割を担う。
 「健康な成人が生きていくために必要なエネルギー量を1日1200キロとすると、全身に蓄えられている体脂肪量は、基礎代謝量にして140日分のエネルギーを賄える勘定になります。これは、マラソンを40回ほど走れるエネルギー量に相当すると言われます」(健康ライター)

 次に、「タンパク質の節約」だ。タンパク質は筋肉、骨、血液中のヘモグロビン、各種の酵素やホルモンなどの材料となる。さらに命を支える身体組織を作り、生理機能を調整するために使われように仕組まれている。
 「しかし、タンパク質が日々のエネルギー源として使われてしまうと、本来の役割である生命の維持を支えることがおろそかになってしまう。そこで、タンパク質が必要以上に消費されないように節約しなければならない。その役割を肩代わりしているのが脂肪で、タンパク質の消耗の倹約に一役買っているわけです」(同)

 「体温調節」については、もともと脂肪は熱伝導率が低いので、人間の体温保持などの保温作用を持っている。
 体温は体内で作り出される熱(産熱)と、体内から外へ逃げる熱(放熱)のバランスで決まる。仮に産熱が一定でも、放熱の状態によって体温が変化するため、放熱をコントロールするのが皮下の体脂肪だ。外気が低い時は体温が逃げ出すのを抑え、暑いときには外気の温度が体内に伝わることを防ぐ。いわば体脂肪は「人間が身に着ける“電気毛布”のようなもの」(医療関係者)。
 さらに体脂肪は、クッション的な役割も果たしている。内臓を正常な位置に保ち、皮膚に外傷を受けにくくし、その下の骨や筋肉が傷つかないようにするなど、体内臓器官の保護をする役割も担っている。