19日、中国の軍艦4隻がこのほど、日本列島を一周した。写真は中国の軍艦。

写真拡大

2016年2月19日、台湾東森ETToday新聞雲網によると、中国の軍艦4隻がこのほど、日本列島を一周した。昨年12月に続いて2度目。16日に鹿児島県南部の大隅海峡を経て東シナ海へ抜けたという。参考消息網が伝えた。

自衛隊の統合幕僚監部は17日、「第5航空戦隊」が鹿児島県種子島の東北85キロの地点で、中国の軍艦4隻が大隅海峡を通り、東シナ海へ出たことを確認したと発表した。中国の軍艦隊が日本を一周するのは昨年12月に続いて2度目。対馬海峡、津軽海峡などを航行したという。

さらに同部は18日、「第4航空戦隊」が4日、千葉県の房総半島東南沖の領海の外側を中国海軍の偵察船が航行しているのを確認。船は8日に現場を離れたと発表した。16日には再び中国軍艦の航行を確認したという。防衛省はいずれも「特異な航行」とみて注視している。(翻訳・編集/大宮)