「ライスコンディショニングウォッシュゲル」。心地よい柑橘系の精油の香りでリラックス効果も。

写真拡大

世田谷生まれの化粧品ブランド「世田谷コスメ」を展開するサルボ(東京都世田谷区)は2016年2月19日、ブランド第2弾となる「ライスコンディショニングウォッシュゲル」と「ウォータリースキンローション」の店頭販売を始めた。

「世田谷コスメ」は「使い心地」や「仕上がり感」「パッケージ」まで嬉しい気持ちになれる新しい発想の化粧品ブランド。世田谷に暮らす一般女性たちの声を聞きながら原料会社・製造工場・容器メーカーと共に日本の最先端技術やノウハウを用いて安心して使えるモノづくりにこだわっている。

メイク時よりも肌が汚れていない「すっぴん肌」への泡立て洗顔やお湯洗顔は必要な皮脂や潤いまで取り除いてしまい、肌のバリア機能が低下して乾燥などの肌トラブルの原因となる。「ライスコンディショニングウォッシュゲル」はそんな「すっぴん肌」のための洗顔剤。肌になじむゲルタイプで肌にのせるとローションにかわる。不要な汚れをやさしく絡めとり、保湿成分が角質層まで浸透。洗顔後は美容液をつけた後のようにしっとりとうるおい、化粧のノリも抜群になるんだとか。美容液成分でできているため、洗い流さない「ふき取り洗顔」としても使える。

大容量3か月分の225mlで、価格は1800円(税抜、以下同)。

洗顔した肌を長時間放置すると潤いを失い乾燥してしまいがち。「ウォータリースキンローション」は、化粧水や美容液、乳液の3つのステップが1本でケアできる「化粧水」で、使用感は驚くほど「スーッとなじんでベタつかない」。保湿・整肌効果の高いハトムギ種子エキスやココナッツオイルのほか、むくみ解消・アンチエイジング効果の高いクダモノトケイソウ果実エキスなど、こだわりの植物由来成分を配合。話題の美容成分プロテオグリカン配合で、肌の潤いとハリ・弾力の保持に役立つ。

大容量2か月分の400mlで、価格は1800円。

いずれも、肌刺激の少ない植物由来の厳選された界面活性剤を採用。肌に潤いを届ける水にもこだわり、精製水から不純物を極限まで取り除いた「超純水」で肌への刺激を緩和することにこだわった。

全国のイトーヨーカ堂「美のガーデン」やバラエティショップほか、世田谷コスメオフィシャルサイトで購入可能。