電子ペーパーを引き立てるフラットデザイン

写真拡大

ソニーは、複数機器を操作できるリモコン「HUIS(ハウス) REMOTE CONTROLLER」を2016年2月15日に同社のEコマースサイト「First Flight」で予約を始めた。発送は3月以降を予定する。

LED照明やエアコン、テレビ、オーディオなど様々な家電機器のリモコンから必要なボタンだけをピックアップしてまとめ、それぞれの機器に合わせ画面を切り替えて複数機器をスムーズに操作できる。リモコン信号データベースを内蔵し、メーカーと機器を選んで登録が可能なほか、赤外線信号の学習機能を備え、データベースにない機器も登録できる。

操作面は電力を使用せずに画面を表示し続けられる電子ペーパーディスプレイを採用し、スリープ状態でもボタンを目視できる。今後無料で提供予定だというパソコン用カスタマイズアプリケーションを使用して、ボタン配置や大きさなど画面のアレンジや切り替えが簡単に行える。加速度センシング技術により手に持つだけで素早く起動。ボタン操作を振動と音で伝える。

今後BluetoothやWi-Fiによる操作に対応する「スマートクレードル」の開発を予定しているとのことだ。

価格は2万7950円(税込)。