18日、中国の掲示板サイトに、日本のソーシャルネットワークで偽中国語での会話を楽しむ遊びがあることを紹介するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年2月18日、中国の掲示板サイトに、日本のソーシャルネットワークで偽中国語での会話を楽しむ遊びがあることを紹介するスレッドが立った。

偽中国語とは、日本語の中の平仮名と片仮名をすべて削除して作成した、中国語のような文章のことだ。漢字を使用する日本語ならではの遊びともいえるが、この偽中国語について中国人ネットユーザーはどう思うのだろうか?

スレ主は、日本のネットユーザーらによる偽中国語会話の例を幾つか紹介しており、これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられたので、以下にその一部を紹介する。

「文法は通じないけど意味はだいたい分かる」
「文語体の文法が入っているようだ。8割は理解できるよ」

「古代中国語を学んだ人なら基本的に理解できる」
「文法が現代中国語と違うものの、文語体の文章によく似ているな」

「語順が現代中国語とずいぶん違うな」
「これって広東語とほぼ同じじゃん」

「この遊びにどんな意味があるの?」
「中国語っぽいけど、メチャメチャな文章だな」

「これはいいね。ゆっくりと文化を同化させればいい」
「こんな遊びをしないで中国に加入したいと直接言えばいいのに」(翻訳・編集/山中)