18日、1月末に配信スタートし「ゲイドラマ」として話題になっているウェブドラマが、「いつ配信禁止になるだろう」と中国のネットユーザーをハラハラさせる内容となっている。

写真拡大

2016年2月18日、先月末に配信スタートし「ゲイドラマ」として話題になっているウェブドラマが、「いつ配信禁止になるだろう」と中国のネットユーザーをハラハラさせる内容となっている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

ネット上で大きな話題になっているのが、4人の男子高校生の間で起こる愛と葛藤を描くウェブドラマ「Addicted」(上●=やまいだれに「隠」)だ。第1話は配信スタート後の24時間で閲覧回数が1000万回を突破。中国のウェブドラマでは過去最高の記録を樹立した。

人気ネット小説を映像化した「Addicted」だが、ストーリーの主軸となっているのは、それぞれの父親と母親が再婚したことで、兄弟になった2人の男子高校生の関係だ。最初は反発するものの、少しずつ不思議な感情が生まれていく、というもの。最近では美少年2人の入浴シーンも登場し、「中毒性すごい」「ゲイドラマ」とネットユーザーの間で評判になっている。

中国では先月、人気の高かった時代劇ウェブドラマ「太子妃升職記」が、中国メディアを統括する国家広播電影電視総局(広電総局)の指示により、強制的に配信を打ち切られた。同性愛をはじめ性的描写が多かったことで、「公序良俗を害する」とされたためだ。

「太子妃升職記」よりもずっとハードな内容、とネットユーザーが声をそろえる「Addicted」だけに、現在は「いつ配信禁止になるだろう」とファンをハラハラさせている状態だ。(翻訳・編集/Mathilda)