肥満でも健康!?(shutterstock.com)

写真拡大

 肥満はさまざまな疾患を引き起こす因子とされており、肥満度を示すBMI指数(体重[kg]÷身長[m]÷身長[m])は重要な健康指標であると考えられてきた。

 実際、米国では近年、減量(BMI値の低下)に成功した従業員に対して保険料を減額するプログラムを提供する企業が増えており、こうした試みに参加しない従業員にペナルティを科す企業もみられている。米国雇用機会均等委員会(EEOC)は、従業員が目標達成に失敗したら、雇用者は保険料の30%までを従業員に課してもよいとする規定を提案しているという。

 しかし、このたび発表された米国の調査結果で、肥満者(BMIが25以上)のうち約半数が代謝的には健康であり、一方で、正常な体重の人の約3割が、代謝を示す数値に問題がみられたことが示された(「International Journal of Obesity」オンライン版に2月4日掲載)。

実際には肥満者の約半数が健康だった!?

 この研究は、2005〜2012年に米政府の全米健康栄養調査(NHANES)に参加した米国成人約4万人のデータを解析したものである。

 米カリフォルニア大学サンタバーバラ校のJeffrey Hunger氏らの研究チームによる解析の結果から、肥満者(BMI分類で肥満度機砲29%、重度肥満者(BMI分類で肥満度供銑掘砲16%が「代謝的に健康」であることが示された(ここでいう「代謝的に健康」とは、高血圧や脂質異常症、高血糖、炎症マーカーの上昇といった2型糖尿病や心疾患のリスク因子を保有していないことを指す)。一方で、正常体重者の約3割が代謝的に不健康であることも判明した。

 Hunger氏らは、標準的なBMI分類のみによって心血管代謝の健康状態を誤って判断されている米国人は7500万人近くに上ると推測しており、今回の調査結果はこうした状況に一石を投じるのではないかとの期待を示している。加えて、「体重ばかりを気にしすぎるのは個人の幸福感を損なうことにつながる。BMIよりも健康的な食生活と定期的な運動を心がけるように」と助言している。
それでも肥満は健康を損なうリスクに!?

 ただし、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)循環器内科教授のGregg Fonarow氏によると、やはり体重という指標は重要であり、「肥満であるが代謝的には健康」という考え方には問題があることを示唆する研究結果もあるという。

 例えば、2015年に報告された100万人以上のスウェーデン人を対象に長期観察を行った研究では、肥満だが健康とされた男性は、不健康で痩せている男性よりも早死にするリスクが30%高かった。また、英国の成人2500人を20年間追跡した研究では、ベースライン時に肥満だが健康とされた人の半数以上が、5年以内に高血圧や糖尿病などを発症していた。

 同氏は「一時点だけ見れば、肥満であるが心血管代謝的に健康であるという状態はありうるが、肥満は年月の経過とともに健康を損なうリスクファクターとなる」と述べている。

 こうした議論で注目すべきは、むしろ「体重が正常でも不健康」な状態のほうかもしれない。BMIは体脂肪率を反映しないため、BMIが低くても脂肪が多い、いわゆる「隠れ肥満」は存在する。

 なかでも、内臓脂肪が蓄積したメタボリックシンドロームは、動脈硬化を進行させやすく、脳卒中や心筋梗塞などを引きおこす可能性もある(メタボリックシンドロームの診断には、ウエスト周囲径が用いられる)。

 つまり「体重を気にしなくていい」のではなく、「体重だけを気にしていてはいけない」のである。
(文=編集部)