影と戯れてあそぶ! 英国発・街灯アート「Shadowing」が虎ノ門ヒルズにやってくる──MEDIA AMBITION TOKYO【2/26〜】

写真拡大

英国を拠点に活動するデザインデュオ「チョムコ & ロジア」が制作したアート作品「Shadowing(シャドウイング)」。その名の通り、自分の分身なる「影」を通して人や街がつながる、そんな作品だ。 都会の真ん中に現われるこの不思議時空間、目の前の日々に追われ忘れかけつつある「遊び心」おもむくままに、楽しくご堪能あれ。

「影と戯れてあそぶ! 英国発・街灯アート「Shadowing」が虎ノ門ヒルズにやってくる──MEDIA AMBITION TOKYO【2/26〜】」の写真・リンク付きの記事はこちら

Chomko & Rosier|チョムコ & ロジア
英国出身のマシュー・ロジアとカナダ出身のジョナサン・チョムコ、2人によるデザイナーデュオ。2015年にデザインスタジオ「チョムコ & ロジア」を立ち上げ、人×テクノロジーの「新しいつながり」をテーマに作品を発表している。
http://chomkorosier.com/

今年4年目を迎えるメディアアートの祭典「MEDIA AMBITION TOKYO」(2月26日〜3月21日)。東京・六本木を中心に、各地でインスタレーション展示やトークセッションが展開するなか、日本初登場となるのが、街灯アート「Shadowing」だ。

デザイナー2人によるユニット「チョムコ & ロジア」によるShadowingは、英国ブリストルを拠点にするメディアセンター・ウォーターシェッドによる「Playable City Award」2014年度最優秀賞作品にも輝いた作品だ。

Playable Cityとは、“Play(遊び)”をキーワードに、都市と人々の新しい関係をテクノロジーによって提案するグローバルなイノヴェイションプラットフォーム。2015年には東京でも「都市の未来」を楽しく創造するワークショップなどを開催し、「Playable City Tokyo」としての活動をスタート。

関連記事:東京で始動する「Playable City」とはいったいなんだ?

Shadowingは、影を通して人々に新しい「きっかけ」を生み出す。その体験を通して、人々のあいだに生じる新たなつながりや微妙な距離感、現代の都市に見え隠れする社会の闇、そして街の個性を彩るライティングそのものとしての役割、といった多角的視点で「人と都市」の関係性を問う。

ひとり足早に歩いてみたり、カップルが話しながら立ち止まってみたり、子どもがジャレあったり踊ってみたり…。過去その場所を通りすがった人や、いま実際に訪れている人。太陽が沈みかける夕暮れ時から、その影が浮かび上がる。

訪れた時間が違う誰かとShadowingを通して出会い、自分もまた、次にそこを通る人のために影を残す。童心にかえり、とにかく心地いいと思うように「影とあそぶ」。このインタラクティヴ体験をこの機会にお見逃しなく!

「Shadowing」展示はこちら〜「MEDIA AMBITION TOKYO 2016

会期:2016年2月26日(金)〜3月21日(月・祝)
会場:虎ノ門ヒルズ外構部 (虎ノ門ヒルズエントランス、広場横)
料金:無料
主催:ブリティッシュ・カウンシル
特別協力:ライゾマティクス、ウォーターシェッド、虎ノ門ヒルズ
協賛:株式会社アサツー ディ・ケイ
詳細ブリティッシュ・カウンシル webサイト

チョムコ & ロジア来日! トークセッション開催は2/20!

2/20(土)には、ライゾマティクスの齋藤精一をファシリテーターに、ウォーターシェッドのクリエイティヴ・ディレクターであるクレア・レディントン、チョムコ & ロジアの2人、弊誌・若林恵によるPlayable City Tokyoトークセッションが開催される。

これまでShadowingは、2014年にブリストル市内8カ所で展開されたのち、2015年には英国ヨーク市のIlluminating York 2015フェスティバル、そして、世界的に著名なデザイナー、セバスチャン・コンラン氏によりDesign of the Year 2015にノミネートされ、2016年3月までロンドンのデザインミュージアムで展示されている。

今回初めて英国外でのインスタレーションにあたり、デザイナー2人に直接訊くShadowing制作秘話や、これまでの展開を通して見えてきたことなどを伺いながら、これからの未来における「人と都市」の新たな関係性についてのトークを展開する。

Playable City Tokyoトークセッション:テクノロジーが創る人と都市の新たな関係

日時:2016年2月20日(土)18:30−20:00
会場:虎ノ門ヒルズカフェ(虎ノ門ヒルズ森タワー2階)
定員:40名(事前申し込み要)
参加費:1,500円(ワンドリンク付き、申込時決済)
申込オンライン専用フォームよりお申し込みください(先着順)
言語:日本語/英語(通訳あり)
スピーカー
クレア・レディントン(ウォーターシェッド、クリエイティブ・ディレクター)
マシュー・ロジア(チョムコ & ロジア、デザイナー)
ジョナサン・チョムコ(チョムコ & ロジア、デザイナー)
齋藤 精一(ライゾマティクス、代表取締役)
若林 恵(『WIRED』日本版、編集長)
主催:ブリティッシュ・カウンシル
協力:ライゾマティクス、『WIRED』日本版
協賛:株式会社アサツー ディ・ケイ
詳細ブリティッシュ・カウンシル webサイト

TAG

ArtEventMedia Ambition TokyoPlayable City