画像

写真拡大 (全2枚)

 オトバンク運営のオーディオブック配信サービス「FeBe」にて、クレイトン・クリステンセンの初著書『イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』のオーディオブック版の提供が開始された。今後の関連作品の配信も決まっている。

 翔泳社とオトバンクは2月19日、オトバンク運営のオーディオブック配信サービス「FeBe(フィービー)」にて、『イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』(翔泳社刊/クレイトン・クリステンセン(著),玉田 俊平太(監修),伊豆原 弓(翻訳))のオーディオブック版の提供を開始した。

 同作は、ハーバード・ビジネススクールの教授であるクレイトン・クリステンセン氏による初著書で、出版されてから15年が経つ今でもビジネスパーソンを中心に読み継がれている。

 また今回のオーディオブック配信を皮切りにオトバンクは、翔泳社より刊行されている「イノベーションのジレンマ」関連作品を毎月配信することを決定。関連書籍のオーディオブック版も毎月配信することで、ビジネスに必要な学びの機会を定期的に提供する。

MarkeZine編集部[著]