海外で運転する場合、日本の運転免許証だけで運転できる地域は限られています。

ハワイは入国して1年以内ならば、日本の運転免許証だけでも運転はできようですが、ほんとどの国では国際免許証を持っていないと運転をすることができません。

■国際免許証の取得方法とは?

当然ですが、日本の運転免許証を持っていることが大前提です。他に必要なのは、海外渡航に関する証明書(パスポート・航空券など)・証明写真(縦5cm×横4cm)・申請書類です。

申請書類は申請場所に用意されているので、特に前もって用意する必要はありません。申請場所は各都道府県警察署の運転免許課や運転免許センターなどになります。

■取得する際の注意点

国内での運転免許証が停止中や失効の場合は取得できません。各都道府県警察署で申請した場合は発行まで約2週間、免許センターなどで申請した場合は即日発行となります。海外に行く日からしっかりと逆算して申請を行うのがオススメです。

ちなみに、この国際免許証の有効期限は1年となります。1年以上滞在する場合は、その国の試験を受けて運転免許証を取得してしまうか、日本の運転免許証からその国の運転免許証に変えるかのどちらかです。長期滞在の場合は、この点に気をつけておきましょう。

■国際免許証で運転できる国は?

国際免許証はジュネーブ条約が基準となって発行されています。そのため、ジュネーブ条約に加盟している国で、国際免許証を使って運転ができます。また例外的にジュネーブ条約に加盟していないドイツ・スイスでは、国際免許証で運転が可能とのこと。海外に行く際は、国際免許証がきちんと使える国かどうか、事前に調べておくことがオススメです。

国際免許証は意外と簡単に取得できます。「海外に行って運転をしてみたい」と思うかたは、今回の記事をぜひとも活用してみてください。

(鈴木 唯)

意外と知られていない!? 国際免許証の取得方法(http://clicccar.com/2016/02/19/353536/)