18日、AFP通信によると、ケリー米国務長官は17日、中国が西沙諸島の永興島に地対空ミサイルを配備したことは、「軍事化」を進めるものだと批判した。資料写真。

写真拡大

2016年2月18日、AFP通信によると、ケリー米国務長官は17日、中国が西沙(パラセル)諸島の永興(ウッディー)島に地対空ミサイルを配備したことは、「軍事化」を進めるものだと批判した。

ケリー米国務長官は17日、記者団に対し、「中国は日々、(南シナ海で)軍事化を進める活動を行っている。これは深刻な懸念事項だ」と述べた。また、南シナ海を軍事拠点化しないという基準はすべての関係国に当てはまると繰り返し述べてきていると語り、数日中に中国とこの問題について「真剣な協議」を行うと述べた。

この報道に、米国のネットユーザーからは、「私たちは中国、ロシア、イラン、北朝鮮、シリア、トルコ、クルド問題など、深刻な懸念を示してきた。だが、これらすべてにおいて何かを成し遂げたのか?」「また新たに九段線を引くのか?」「中国の行動は、米国の航行の自由作戦に対抗するものだ」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/蘆田)