リオデジャネイロ五輪マラソン代表を狙って、ベテランから若手まで多数の有力選手が出場する2月28日の東京マラソン。昨年のこの大会で2時間09分21秒を出して日本人3位になった五ヶ谷宏司(ごかや・こうじ/JR東日本ランニングチーム)も注目選手のひとりだ。

「社会人1年目から月間1300km走ることもあったけど、14年の夏も短い期間で40km走や50kmなど、周りの選手たちから異常と言われるくらいにぶっ飛んだ練習をやっていました。多分ほかの選手なら一発で壊れるような練習を出来るのが自分だし、やろうと考えてくれるチームスタッフがいるのは強みだと思います」

 こう話す五ヶ谷は、専修大時代に1年から4年まで、連続で箱根駅伝の主要区間を走り、4年では1区で区間3位になったが、10000mのベストは28分58秒84と、さほど注目されるような選手ではなかった。

 中学でサッカー部に所属していたころ、足の速さを買われ駅伝に出場。その走りを見た専大松戸高校の陸上部の監督から勧誘され、行きたかった高校だったこともあり、陸上の世界に飛び込んだ。大学進学も周囲の友人が専大へ進学するからという理由で、箱根も4年生で出場できればというくらいで、陸上への情熱はそこまで高くはなかった。

 ところが、大学の寮でエースの座間紅弥(ざま・べね)と同室になったことで少し意識が変わったという。

「座間さんは普段はチャラチャラしているのに、試合が近づくとだんだん集中していってバーンと結果を出す選手。そういう天才型の人と一緒にやったことがなかったので勉強になりました。大学に入った時は手も足も出なかったけど、箱根の山登りの練習をするころには、一緒に出来るようになっていきました」

 彼に刺激を与えた選手はほかにもいる。ロンドン五輪代表の藤原新(ふじわら・あらた/ミキハウス)だ。

 大学を卒業した後も陸上を続けるかどうか迷っていた五ヶ谷が、JR 東日本ランニングチームに入るのを決めたのは、藤原と一緒に練習できるという理由からだった。だが、入寮してすぐに藤原と一緒に食事に行くと、突然「俺もう辞めるから、欲しいものがあったらあげるよ」と言われ、「話が違う!」と絶句したという。

 その後もフリーになった藤原と、ジョグをしたり食事をしたりする中で「一緒に練習をしなくて良かった」と思うようになった。「天才型の彼とは感性も練習スタイルも違う。自分には自分に合った方法があるのでは」と考えるようになったのだ。

 そんな自分のスタイルを考えさせてくれた先輩に対し、自身のマラソンへの意識を高め、目標にもなったという選手が今井正人(トヨタ自動車九州)だった。五ヶ谷が大学に入った年に今井は順天堂大4年で、すでに"山の神"として君臨していた。

「1年の関東インカレが終わったあと、僕はなぜか東京出身の人たちと打ち上げの席にいたら、同じ店に福島県人会に出ていた今井さんがいて、当時10000mが30分台の遅い選手だったにも関わらず、ずうずうしく話しかけて、『僕も山を走るんでよろしくお願いします』と言ったんです。その後実際に箱根で5区を走ることになって中継所に行ったら、今井さんが『本当に走るんだ』と声をかけてくれたんですよね」

 さらに強い影響を受けたのは、実業団1年目にボルダーで行なわれた日本陸連の合宿だった。これから本格的にマラソンを始める選手たちを集めたもので、五ヶ谷はJR 東日本の監督が「1年目でマラソンをやらせる」と推薦する形で参加した。

 そこには、今井やロンドン五輪マラソン代表になる山本亮(佐川急便)などがいた。一番年下だった五ヶ谷はそんな選手たちの中で可愛がられ、彼らが五輪や世界選手権へ懸ける思いや出場するためにどうすればいいかなど、熱く話すのを聞いた。そんな中で「同じところを目指さなければ、みんなの仲間入りは出来ない。この人たちと一緒にトップで勝負したい」という気持ちが高まっていった。

 だからこそ、初マラソンだった11年3月のびわ湖で、2時間12分07秒を出して10位になり新人賞を獲得した時も、周囲から褒められても満足できなかった。そんなモヤモヤした気持ちを晴らすために出場したのが、同年10月のシカゴマラソンだった。気象条件も悪く記録は2時間12分15秒に止まったが、初めてのワールドメジャーズマラソンで7位。実力のある松宮隆行ら、日本人選手を抑えての日本人トップという成績で、マラソンに対して自信を持てるようになった。

 その後は「いい結果が出ると我慢しようと思っていても、ちょっとしたところで甘えてしまう性格なので」と苦笑するように、足踏みの時期が続いた。特に13年8月の北海道マラソンで優勝してから臨んだ同年の福岡国際マラソンは、2時間23分00秒と惨憺(さんたん)たる結果。「準備不足で2回くらい歩いてしまい、マラソンはもう嫌だと思うくらいだった」と言う。

「そこから、14年のフランクフルトへ向けては、異常と言われるくらいの練習をして『これは絶対に2時間8分台は出る』と思えるほどに仕上げたんです。でも本当は前の週のアムステルダムに出る予定だったのが書類ミスで出国できなくなり、4日前に出場をキャンセルしてフランクフルトに変えたんです。それでも自己ベスト(2時間11分43秒)が出たので、これなら8分台も簡単に出せるかなと自信を持てました」

 そんな気持ちをうまく持続できたことで、翌年15年2月の東京では2時間09分台の記録を出せたのだ。

「最終的には東京五輪というのがあって、そこで五輪に出て引退だというのがあったんです。でも、いざ9分台を出してみると、いろんな選手とも競れるようになってチャンスもあるから『リオデジャネイロも』という気持ちになりました。そのためには2時間7分台は必要だけど、しっかり練習が出来てコンディションさえ合えば7分台に入れると思っています」

 スピードのある若い選手たちが、2時間6分、5分台に入ってくるときつくなるが、そういった選手たちは毎回爆発的な走りをしないことも知っている。五ヶ谷が狙うのはそこだ。

「今はまだ平均9分〜10分ですけど、あと4年以内で7〜8分でコンスタントに走れるくらいの実力にしていけば、代表に引っかかるんだろうなと思っているので......。20年の東京五輪が自分の競技人生の中の華にしたいという思いは変わらないけれど、そこまでに少しでも強くなっておくためにも、今回のリオ代表争いに絡みたいなと」

 陸上がトラックレースだけや、ロードでもハーフマラソン程度までだったら陸上を続けられてなかったという五ヶ谷は、マラソンが自分に向いていると語る。

「マラソン練習を長期的に考えてきつい練習をやり抜いた時に他の選手と差が出たりする。僕の場合は他の人より我慢出来るのが強みだと思います。3時間走とか50km走をやったときには途中で何を考えていたのか思い出せないんです。なのに出来ちゃった、みたいな」

 ただ、今回の東京マラソンに向けては厳しい状況が続いているのが現実だ。昨年の東京マラソン後に2時間7分台を意識して練習でのスピードの質を上げたことで、昨年は大腿部の疲労骨折や肉離れなどが続いた。

 それでも「この1年は練習がきつくて大変というより、体のケアの方に労力を使っている感じですね。12月から練習を始めた状態だけど、五輪が懸かっているからやらなければいけない。かなりリスクはあると思うけど、これまですごい記録を出した選手は思い切ったことをやっていると思うので、守りに入ってタイムが出ないよりは、例え脚がぶっ壊れてスタートラインに立てなくなったとしても、攻めなければいけない時はあると思うんです」と明るく言う。

 今度の東京は、順位も記録も気にしなくてはいけないレースになる。だが五ヶ谷は「今回は集まるメンツが楽しみなんです。豪華なメンツになればなるほどワクワクしてくるので。それでダメだろうが、戦えるのがいい」と心を弾ませる。例え結果が悪くても、納得できる部分が少しでもあれば、昨年から取り組んでいる練習が間違っていないという確認ができる。

 厳しい状況ながらも走ろうとする彼にとって今年の東京マラソンは、リオ五輪のためだけではなく、2020年東京五輪へ向けての大事なレースでもあるのだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi