湯船につかって「極楽、極楽」

写真拡大

「あ〜あ、やんなっちゃった」。今日も嫌なことがあり、ため息をついたアナタ。ため息は周囲まで気が滅入り、「ため息をつくと、幸せが逃げる」とか「ため息1回で、寿命が1日縮まる」と悪いイメージでいわれてきた。

しかし、最近、ため息の驚きの健康効果がわかってきた。ため息をつけばつくほど長生きできるのだ。

「脳の究極の覚せい」ため息をつかないと人は死ぬ

人は悩みやストレスを抱えると、「はあ〜、ふう〜」と自然にため息が出る。ため息をつくとストレス解消によいことは以前から知られていたが、どういうメカニズムでため息が出るかはわかっていなかった。2016年2月、米カリフォルニア大と米スタンフォード大の合同研究チームが、ラットの実験で、ため息が脳を活性化させるばかりか、呼吸を助けて生存に欠かせない行為であることを明らかにし、英科学誌「ネイチャー」に発表した。

それによると、人間は気づかないうちに約5分おきに、通常の呼吸より2倍多く空気を吸い込む「小さなため息」をついている。肺の中には肺胞という微細な袋がたくさんあり、酸素を取り込んでいるが、呼吸の間に水分を吸収し濡れた風船のようにしぼんでしまうからだ。そこで、ため息をついて空気を多く吸い込み、再び肺胞を膨らませるのだ。

研究チームは、ラットの脳の神経細胞を調べ、酸素が足りないことを脳が察知し、ため息をつかせる神経回路を発見した。この回路に異常をきたすと、呼吸障害などが起こり、死に至ることがわかった。

スタンフォード大学のマーク・クラズノー教授は「劇的な発見でした。ため息はただの感情のはけ口でなく、生きるために不可欠な行為なのです。ため息によって、感情、言葉、認知、推理をつかさどっている大脳皮質が再び活性化します。ため息は、脳にとって究極の覚醒(かくせい)と言えます」とコメントしている。

疲れや悩みを抱えると交感神経が強く働く

それにしても、ため息をつくと、なぜストレス解消によいのか。呼吸が専門の医師のサイトをみるとこう説明する。人間の自律神経には、興奮時に活動する交感神経と安静時に活動する副交感神経がある。交感神経は血圧や心拍数を高めて体を活性化する。一方、副交感神経は血圧や心拍数を鎮めて体をリラックスさせる。両者はいわばアクセルとブレーキの関係で、両方のバランスが取れているのが健康な状態なのだ。

ところが、疲れや悩みを抱えると交感神経が強く働くようになる。いったん優位になった交感神経は、放っておくと2時間は元に戻らない。夜遅くまで残業すると、なかなか寝付けないのは交感神経の高ぶりが尾を引くからだ。

ストレスを抱えて落ち込んでいる時は、呼吸も乱れている。姿勢が前かがみになり、肺に十分空気が行き渡っていない。すると、リラックスが役割の副交感神経が働いてくる。副交感神経の1つに呼吸情報をモニタリングする迷走神経があり、「酸素が足りていない」とキャッチし、脳に「ため息を命じて」と伝達する。こうして、深々とため息をついて酸素を取り込むことで、高ぶった交感神経を収めてくれるのだ。逆にいうと、ため息をついて呼吸を整えるとストレスを解消する効果があるわけだ。

「あ〜あ、いい気持ち。極楽、極楽」と息を吐く

ため息の効用に注目し、手軽な呼吸法の1つとして「ため息健康法」を推奨しているサイトが多くある。最初に提唱したのが健康ジャーナリストの原山建郎さんといわれる。著書の「身心やわらか健康法 からだをゆるめ、こころをほぐす」などを見ると、「ため息は無意識に出てしまう体の条件反射。一方、意識的に行なう呼吸法は頭脳による動作です。換気という目的は同じだが、ため息の方が体の要求にダイレクトに応える呼吸動作だ」と書いてある。

方法は実に簡単だ。たとえば、風呂の中で行なうやり方はこうだ。

(1)ぬるめのお湯にゆったり浸かり、今日あった嫌なことを全部思い出す。

(2)鼻から息を吸い、めいっぱい肺に溜める。溜めた息が苦しくなったら、口から「はあ〜」と大きくため息をつく。

(3)吐いた瞬間に一気に体の力をゆるめ、「あ〜あ、いい気持ち。極楽、極楽」と唱える。ゆるんだ体と心の感覚をしっかり味わう。

(4)上記の行為を何度か繰り返し、余韻を楽しむ。

(5)寝る時も思いっきり手足を伸ばして横たわり、再度、「あ〜あ、いい気持ち。極楽、極楽」と唱えてから寝る。

もちろん、「あ〜あ、いい気持ち。極楽、極楽」を心の中で唱えれば、電車の中や職場でもできる。