【お得な自治体さがし】台東区は第3子が生まれたら3万円相当のベビーカーがもらえる!!

写真拡大

3回目の今回は、東京を紹介する番組では必ず登場する「浅草」のあるエリア、台東区です。上野や御徒町といった繁華街もありますが、入谷や谷中など下町情緒あふれる江戸の歴史や伝統文化を感じることのできる地域でもあります。

■台東区区基本情報

●主要駅

浅草、上野、御徒町、入谷、蔵前など

●家賃相場(順位は高い順)

ワンルーム:9.47万円(6位)
2LDK:18.06万円(10位)

●物価(メインスーパーの商品価格)

大型スーパーはあまりありませんが、小型スーパー、商店街は豊富。有名な「アメ横」も台東区です。物価は若干高めかも知れません。
商品の参考価格:牛乳(1L):189円/食パン(6枚切り):199円/たまご(10個):249円
※オオゼキ雷門店
トイレットペーパー(12ロール):249円
※ぱぱす浅草雷門店
※※2月9日現在、全て本体価格(税なし)

■台東区で受けられる助成やサービス

●住まい

以前はマイホーム取得援助があり、新築や住宅の購入には50万円が支給されていましたが、現在は、以下のような援助があります。

・子育て世帯住宅リフォーム支援制度…工事費の3分の1以内の額(千円未満切り捨て)上限20万円
・住まいの共同化…三世代住宅助成(親と子孫が同居)120万円
・安心助成(地震・火災に強い構造の住宅に建て替える)
 耐火構造・準耐火構造:120万円(準防火地域によって異なる)
 耐火構造:240万円
 耐震化推進加算:50万円

●女性の健康

・子宮頸がん検診…年度内に偶数年齢になる20歳以上の女性に、子宮頸がん検診の無料チケット。2年に1度の隔年受診、費用は無料

●結婚

なし

●不妊治療

・台東区特定不妊治療費助成制度
東京都特定不妊治療費助成事業により助成を受けた特定不妊治療について、医療保険が適用されない治療費の一部を助成。治療区分により2万5千円から5万円まで

●妊娠

・妊婦健康診査票14回分と妊婦超音波検査受診票1回分(助成合計上限8万700円)

●出産

・第3子以降は出生祝い品がもらえる
・育児支援ヘルパー “あったかハンド”
両親や身近に介助者がいない産前1か月から産後6か月未満の妊産婦が、受けられる援助。沐浴や授乳補助、兄姉の世話などの育児支援や、食事の支度や買い物などの家事補助もしてもらえる。料金は1回(2時間)1,000円(*減免制度あり)。

●子どもの医療

・子どもの医療費が中学校3年生まで無料 (入院費、入院時の食事代も助成)※所得制限なし

●子育て

・幼児ヘルメットが無償でもらえる
自転車の転倒などで起きる子供の頭部受傷を防ぐために、今年3歳になる子供には幼児用ヘルメットが無償で配付される。

・子育て応援店舗推進「たいとうすくすく手形」がもらえる
「子育て応援サービス」に協賛する店舗で提示すると、各店舗により異なる割引や玩具プレゼント、飲み物サービスなどを受けることができる。妊娠中から中学3年生までの子どもがいる世帯に1枚配付される。

・第3子以降は小学校・中学校入学のタイミングに祝い品がもらえる

●幼稚園

・私立幼稚園入園祝い金:3万円
・私立幼稚園補助金:第1子・第2子月額8,600円、第3子以降月額9,900円の保育料を補助

●保育園

・認証保育所保育料助成金……月額上限2万円
・第3子以降保育料が無料(認証保育園は含まない) ※認可保育園、認定こども園(長時間)、地域型保育事業のいずれかに通う子どもが同時に3人以上いる場合

※認可保育園保育料(0〜2歳児・第1子・中間階層世帯)3万5200円/月

■台東区の助成、サービスの特色

●子沢山家庭など子育てを応援するサービスが充実

にぎやか家庭応援プラン

台東区は多子家庭に優しいサービスがあります。第3子以降の 「出生」「小学校入学」「中学校入学」時に、なんとそれぞれ3万円相当の『お祝品』がもらえるんです。

・ 出生時
育児用品3万円相当(ベビーカーか、チャイルドシート)から1点、もしくはお祝い品(紙おむつパック6袋、こども商品券1万円分、図書カード1万円分、めぐりん専用回数券110枚)の中から3セットまでの組み合わせを選ぶ。

・ 小学校入学祝品
こども商品券1万円分、図書カード1万円分、めぐりん専用回数乗車券110枚

・ 中学校入学祝品
全国共通商品券1万円分、図書カード1万円分、めぐりん専用回数乗車券110枚

※めぐりん:台東区の駅や公共施設を走る一方向循環バスで運賃は100円

■台東区に住むのにオススメな人

●将来3人以上子どもが欲しい人、マイホームを考える人にオススメ

安全なまちづくりを推進している台東区では、木造住宅の密集した地域を中心に、家族以外でもお隣同士などで敷地を一体的に利用して建築する共同化や、地震や火災に強い構造の建物に建替えの助成に力を入れているようです。
また、三世代住宅の助成もあるように、ファミリー向けリフォーム支援や、子どもが3人以上いる家庭への支援が充実しているので、将来マイホームを持ち、たくさん子どもが欲しい人にはオススメな自治体です。

※助成やサービスに関する情報は、2016年2月15日時点のものです。

台東区ホームページ
http://www.city.taito.lg.jp/

★次回の「お得な自治体さがし」は大田区の予定です。お楽しみに!

(岩崎弘美/フォルサ)