コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、コンチネンタルのフラッグシップモデル「スポーツ・コンタクト」シリーズの新商品『SportContact6(スポーツ・コンタクト・シックス)』を2016年3月1日から順次発売します。

2016年度の取扱いサイズは、245/40ZR19(98Y)XL〜315/25ZR23(102Y)XLの30サイズです。

新発売する『SportContact 6』は、1994年に発売開始した同社の「ContiSportContact」シリーズの最新モデルです。

『SportContact 6』は、他自動車メーカーに先駆けてホンダの新型「シビックタイプR」に純正タイヤとして承認され、その開発段階においてドイツの有名なサーキット「ニュルブルクリンク」の北コースにおいてFF量産車最速ラップタイムを打ち立てています。

262

スーパースポーツタイヤ『SportContact 6』は、スポーツカーはもちろんスポーツ志向が高いドライバーの方のニーズに応えるハイパフォーマンス車向けタイヤで、従来モデルからコンパウンド、トレッドパターンデザイン、内部構造を徹底的に刷新し、更に大きく向上したステアリングの正確性、ハンドリング性能、高速走行時の安定性が特徴となっています。

332

同社の「ブラックチリ」テクノロジーは、タイヤと路面を原子的に結合し、高速時も路面をホールドします。

『SportContact 6』では、「ブラックチリ」テクノロジーをさらに発展させ、コンパウンドが路面の凹凸により食いつくように設計されており、同時にタイヤのコンパウンドと路面間に生じる一時的な原子的結合が、ナノスケールで吸着盤のような高いグリップ性を実現して、限界時においても最適なアドヒージョン(粘着力)を実現します。

これらの2つの特徴により、ドライ、ウェットのいずれの路面でのあらゆる方向へのブレーキング、コーナリング、加速中に最大限のグリップ性を生み出します。

419

また、同社の「フォースベクタリング」テクノロジーは、最適なハンドリングを保証するトレッドパターンデザインを実現しています。

1)中央応答型リブデザイン 

全く新しいフォースベクタリング技術を使用した最適なトルク分配で、正確無比なハンドリングと俊敏なステアリング性能を実現しました。タイヤ接地面の内側、外側、中心部に異なるトレッド要素を配置し、3本または4本(タイヤのサイズによる)のセンターリブとタイヤの内側ショルダー部が動力を左右に最大限に伝達して、驚くほど正確にステアリング情報をアスファルトに伝達します。

2)マクロブロックデザイン 

コーナリングでは、タイヤ接地面の内側より外側に大きな力が加わるため、周方向に走る縦溝側面は非対称に設計されており、これによってトレッド部の安定性が向上し、より大きい動力の伝達が可能になっています。外側のショルダー部は異なるブロック要素が組み合わされて1つのユニットとなるようにデザインされており、高速コーナリング時には、外側の大きなトレッドブロックが2列目のブロックと組み合わさり、トレッドブロックが相互に支え合い、大きなコーナリングパワーを伝達します。

510

同社のタイヤ構造技術であるニュー「アラロン 350」は最高速度350km/hまで確保される安全性を保障します。『SportContact 6』は、最高速度350km/hでの走行が承認されています。これは、タイヤが極度の高速とそのスピードに伴う途方もない負荷に耐えられる構造であることを意味します。

ここに使用されている「アラロン 350」は、2本の強力なアラミド繊維と1本の高弾性のナイロンが密に織り合わされた合成繊維で、『SportContact 6』のために特別に開発された素材です。

この繊維は、ゴムに埋め込まれ、スパイラルキャッププライとしてトレッドの下に配置されています。このハイブリッドキャッププライは、もう一本追加されたスチールベルトのように作用し、350km/hもの高速においても、遠心力によるタイヤの成長を抑えて、優れたコントロール性能を発揮します。

(山内 博・画像出展:コンチネンタルタイヤ・ジャパン)

【関連記事】

【東京モーターショー15】コンチネンタルは最新タイヤと電子デバイスをアピール
http://clicccar.com/2015/11/01/336694/

コンチネンタル、新タイヤ『SportContact 6』を3月1日より日本発売開始(http://clicccar.com/2016/02/19/355056/)