18日、韓国の黄教安首相は、「韓国は核武装をしてはならない。朝鮮半島の非核化は政府の基本的立場だ」と述べた。

写真拡大

2016年2月18日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の黄教安(ファン・ギョアン)首相は同日、「韓国は核武装をしてはならない。朝鮮半島の非核化は政府の基本的立場だ」と述べた。環球時報(電子版)が伝えた。

韓国野党の共同民主党議員による「韓国は北朝鮮に対抗するため核武装するのか」との質問に答えたもの。米国の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)が在韓米軍に配備された場合の電磁波の危険性については「(配備についての米韓)協議が始まったばかりなので、綿密に検討しなければならない。外部の人間に影響がないことは、科学的に証明されている」と語った。(翻訳・編集/大宮)