ルノーの人気モデル、カングーにはしっかりとMTが設定されています。

MTの出来の良さには、「疲れ知らずのシート」、大きめのロールをしながらも「粘っこい足まわり」などともに乗る度に驚かされるのですが、2月18日から販売される「ゼン(6MT)」に新装備が用意され、価格も改定されています。

新たに「ゼン(6MT)」加わったのは、プライバシーガラス、可倒式助手席、フロントシートバックテーブル、カーテンエアバッグ。

中でも可倒式助手席は、6:4分割可倒式の後席と合わせて使うことで長尺物の積載に対応し、ただでさえ広大な荷室スペースによる積載性の高さが増す装備といえそう。ルノー・ジャポンによると2.5mの長い荷物を積むことができるそうです。

KANGOO_03

また、ボディカラー選びも楽しそうなカングーですが、新色として「ブルー コスモスメタリック」を追加。「ノワール メタル メタリック」、「ジョン アグリュム マロン ショコラ メタリック」、「ブラン ミネラル ブルー エトワール メタリック」の全6色が用意されています。

ルノー カングー ゼン(6MT)の新価格は247万円で、改良前の241万5000円から5万5000円高となっていますが、プライバシーガラスやカーテンエアバッグも含まれていますから割高感はほとんど感じません。

今回の装備追加で、安全性と快適性、積載性が向上し、ファミリーはもちろん、アウトドア派などにとってもその魅力がより高まったといえそうです。

KANGOO_01KANGOO_0315% 120-0.3-0

(塚田勝弘)

ルノー カングー ゼン(6MT)が新装備追加で5万5000円価格をアップ(http://clicccar.com/2016/02/19/355078/)