カロリー1/4! アボカドでつくる“マヨ”風レシピ「アボネーズ」はいかが?

写真拡大

簡単お料理に欠かせないマヨネーズ。でもカロリーも気になるし、毎日食べるのは不健康……。

炊飯器でカンタンおいしい! 無添加“自家製ロースハム”レシピ

なんとアボカドでもこっくりとしたマヨネーズ風のソースが作れるんです。

普通のマヨネーズの1/4のカロリーで、しかも卵もオイルも必要なし!

アボカドの脂肪分はほとんどがオレイン酸。ヘルシーでそのうえ、美肌やアンチエイジングにかかわるビタミンE、脂肪の燃焼をサポートするビタミンB2、腸を掃除し、血液をサラサラにしてくれる食物繊維、むくみ予防によいカリウムなど、嬉しい栄養がたっぷり含まれています。

アボカド料理研究家で管理栄養士、フードコーディネーターの緑川鮎香さん考案の、アボカドでつくるマヨネーズ風『アボネーズ』。

緑川さんの新著『アボカドがあればごちそうレシピ―「アボカド料理研究家」が見つけた美味しい100の活用法』からお伝えします。

サンドイッチに入れてもサラダのドレッシングにしても美味しいアボカドのマヨネーズです。

アボネーズ

アボカドの脂肪分を生かしたマヨネーズ風のソース。

ノンコレステロールでカロリーは約1/4。ダイエットのおともにも♪

材料 (出来上がり約180ml)

アボカド……1個(150g)
酢……大さじ2
ディジョンマスタード(または和からし)……小さじ2
塩・こしょう……各少々

作り方

(1)アボカドは縦半分に切り、種と皮を取り除く。

(2)すべての材料をフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで撹拌する。

(3)撹拌後に味を見て、好みで酢を足してもよい。

一言メモ

保存容器に入れ、空気にふれないようにぴったりとラップをかければ、2日間ほどもちます。

Arrange1 野菜スティック

アボネーズはマヨネーズと同じように使えます。きゅうり、にんじん、大根、パプリカなどスティック状に切ったものを添えれば、おつまみに。アボネーズを同量のケチャップと合わせて、オーロラソース風にしても野菜とよく合います。

Arrange2 ポテトサラダ

ポテトサラダもお手のもの。まずタマネギ1/8コときゅうり1/3本を薄切りにしてから塩を軽くふって絞り、ハム2枚を1兒擁に切って、じゃがいも1個を茹でてつぶしておきます。これらを合わせて、アボネーズ大さじ3〜4で和えれば出来上がり。

まとめ

マヨネーズよりもヘルシーでアボカドの香りも楽しめるアボネーズ。

アボネーズには熟れたアボカドのほうが向いているので、買う時は柔らかさを感じるものを選んで。

若いアボカドの熟成を早めたいときは、冷蔵庫に入れず、20℃前後の室温で保存します。

または熟成を促す『エチレンガス』の発生量が多い、りんごや熟したバナナと一緒にポリ袋に入れておけばいいそうですよ。

書籍情報

緑川鮎香『アボカドがあればごちそうレシピ―「アボカド料理研究家」が見つけた美味しい100の活用法』(SBクリエイティブ)