18日、中国版ツイッター・微博で、日本の自動販売機を紹介する書き込みが登場し、ネットユーザーから称賛の声が寄せられている。写真は成田空港にある自動販売機。

写真拡大

2016年2月18日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本の自動販売機を紹介する書き込みが登場し、ネットユーザーから称賛の声が寄せられている。

【その他の写真】

今年の春節(旧正月)期間中にも多くの中国人観光客が日本を訪れたが、そうした中国人が驚く日本のもののなかに自動販売機がある。中国では治安などの面から、日本ほど自動販売機は普及していないからだ。日本の自動販売機は、商品の種類が豊富なことはもちろん、最近では自動販売機の前に立った人の顔をカメラが読み取り、おすすめの商品を提示してくれる機能まで付いたものまであり、中国でも驚きをもって伝えられている。

そうしたなか、今回微博に投稿された写真に写っているのは、一見すると普通の自動販売機のようだ。しかし、最上段の1列にだけ番号が振ってあり、その番号のボタンが自動販売機の真ん中あたりにある。これは、子どもや車椅子の人など、最上段のボタンに手が届かない人でも購入できるよう配慮したデザインだ。

この自動販売機に、中国のネットユーザーからは、「いいなあ。すごく感動したよ」「これは称賛するしかない」「こういう細かいところが成否を左右する」「日本から帰ってきたばかりだけど、こういう配慮には本当に驚かされたなあ」といった称賛の声が多くあがった。また、「北京なんか点字ブロック(視覚障害者のための凹凸のあるタイル)でさえも占拠されてるからな。誰も障害者のことなんて気にしていない。人としての素養は、日本とだいぶ差があるな」と中国と比較するコメントも見られた。

利用者が不便を感じないことが当たり前。実はそれが、外国人から見た日本のすごいところなのかもしれない。(翻訳・編集/北田)