レーティング:ミッティラン 2-1 マンチェスター・ユナイテッド《EL》

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでミッティラン(デンマーク)とのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ミッティラン採点

GK

31 アンデルセン 5.5

失点は仕方なし。あまり見せ場はなかった

DF

28 レメル 5.0

リンガードをうまく捕まえきれなかった

2 ハンセン 6.0

序盤にヘディングシュートでゴールに近づく。守備も上々

4 ボドロフ 6.0

気迫のこもった守備を見せた

70 ノバク 5.5

自サイドで押し込まれて前に出て行けず

MF

14 V・カドレツ 5.5

前半終盤の決定機をモノにしたかった

(→ロイヤー -)

17 オルソン 6.5

インテンシティの高さを見せて攻守に奮闘

3 スパルブ 6.0

アンカーポジションでマタを監視しながら的確にスペースを埋める

36 ハッサン 5.0

うまくボールに関与できず、貢献度は低かった

(→ウレニャ 5.5)

推進力を見せて攻撃のスピードを上げる

27 シスト 6.5

見事な仕掛けからゴール奪取。足元の技術と機動力を見せてアクセントとなる

FW

10 プシッチ 5.0

流れの中で、ほとんど起点になれなかった

(→オヌアチュ 6.5)

出場後すぐにヘディングでゴールに近づき、ミドルシュートでネットを揺らす

監督

トルップ 6.5

好内容でビッグクラブ相手に先勝

▽マンチェスター・ユナイテッド採点

GK

20 ロメロ 6.5

急遽の出場も、3つのビッグセーブでチームを救う

DF

37 ラブ 5.0

危険なパスミスがあり、シストの対応に苦慮

33 マクネア 5.5

大きく崩れずに集中を維持した

12 スモーリング 6.0

対人プレーの強さを見せてプシッチに仕事をさせず

17 ブリント 5.5

攻守に平均的なパフォーマンスだった

MF

35 リンガード 6.0

デパイの先制弾をアシスト。いくつかの好パスを出す

21 エレーラ 5.0

失点場面ではキャリックとの連携ミスで、さらにシストへの対応が緩かった

(→シュナイデルラン 5.5)

守備を締めることはできなかった

8 マタ 5.0

決定的な仕事ができなかった

(→アンドレアス・ペレイラ -)

16 キャリック 5.5

気の利いた守備を見せるも、パスの精度を欠いて失点の原因をつくってしまう

7 デパイ 6.0

ゴール前で泥臭くネットを揺らして先制点を記録

FW

9 マルシャル 5.0

要所で攻めのキッカケとなるも、ゴールに向かう迫力を欠いた

監督

ファン・ハール 5.0

ロメロに助けられても敗戦。大量失点で敗れてもおかしくない内容だった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド)

▽ウォームアップ中に負傷したデ・ヘアの代わりとして突然の出番だったが、3つの素晴らしいセーブを披露し、2ndレグに向けて失点を最小限にとどめた。

ミッティラン 2-1 マンチェスター・ユナイテッド

【ミッティラン】

シスト(前44)

オヌアチュ(後32)

【マンチェスター・ユナイテッド】

デパイ(前37)