由良拓也氏がデザインを手がけ、1997年に発売を開始した初代トミーカイラZZ。

現在は、京都大学の電気自動車の開発・販売プロジェクトから端を発したGLMがEVスポーツカーとして生産を開始。車両価格は800万円(税抜)で、CEV補助金の対象車にもなり最大85万円の補助も受けられるようになっています。

販売は従来のGLMのWebサイトに加えて、今年1月18日からはスーパーオートバックス東京ベイ東雲(東京都江東区)で試乗から見積、販売まで行われています。

わずか850kgという超軽量ボディにより、0-100km/h加速を3.9秒でこなしてしまうトミーカイラZZ。225kW(305ps)/415Nmというスペックはこの重量ならかなり強烈な加速を発進直後から味あわせてくれるのではないでしょうか。

さて、3月21日〜4月3日までの2週間、トミーカイラZZの「量産開始記念展示」が開催されるそうです。

p17

場所は京都府舞鶴市の「赤れんがパーク5号棟(京都府舞鶴市字北吸1039番地の2) 」で、時間や内容などの詳細は今後発表されるようですが、トミーカイラ ZZ 実車展示および試乗会
、トミーカイラ ZZプラットフォームの一般公開などを予定。

p06p04

なお、トミーカイラZZの製造場所は、小阪金属工業(京都府舞鶴市字森勘尻 220-33)で、生産方式は熟練技術者によるセル生産方式(受注生産) となっています。

関西方面にお住まいの方で気になる方は上記期間に出かけてみてはいかがでしょうか。

p03p10p21p01p04p17p06

(塚田勝弘)

【関連記事】

■EVスポーツカー「トミーカイラZZ」をスーパーオートバックス東雲で販売へ
http://clicccar.com/2015/12/21/344417/

■EVスポーツカー「トミーカイラZZ」が量産開始! 価格は800万円!!
http://clicccar.com/2014/07/25/262972/

トミーカイラZZの「量産開始記念展示」を3月21日から舞鶴で開催(http://clicccar.com/2016/02/18/355068/)