ティム・クックCEO (C) Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 アップルは16日(現地時間)、米裁判所から出されていたiPhoneのロック解除についての協力要請に対し、拒否する考えをティム・クックCEOの名前で発表した。

 昨年12月に米カリフォルニア州サンバーナディーノで起きた銃乱射事件の捜査過程で、容疑者の所有していたiPhoneを解明したいとして、アップルに協力を要請。米地方裁判所が捜査当局の訴えを認めてアップル側に協力するよう命じていた。

 iPhoneは、パスワードを10回間違えるとデータが消えてしまうように設定されているが、捜査当局はデータが消えないように暗号の鍵を作成するよう求めていた。これに対しアップルは裁判所命令の拒否を表明したことになる。

 アップルは、捜査当局の要請を拒否したことについて、「これが前例となりかねない」として「今回拒否したことは、すべての人の最善の利益になると考えています」と主張している。