Vエア提供

写真拡大

(台北 18日 中央社)トランスアジア(復興)航空系格安航空会社(LCC)のVエア(威航)は、現在週4便で運航している台北(桃園)−名古屋(中部)線を3月1日からデイリー化すると発表した。

同社は日本路線の強化を進めており、台北発着の大阪、名古屋、福岡線を運航。来月11日と15日には東京(羽田)と茨城にも新たに就航する。

名古屋線は桜の開花や立山黒部アルペンルートの開通に合わせて需要が見込まれるとして増便を決めた。また、平均搭乗率が85%と好調な台北−チェンマイ(タイ)線も5月1日からデイリー運航化するという。

(韋枢/編集:齊藤啓介)