ボルボXC90新車情報・購入ガイド
スタイリッシュなスカンジナビアンラグジュアリーSUV登場! 【ニュース・トピックス:ボルボ】

写真拡大

威圧感タップリなSUVデザインに一石を投じる洗練されたデザイン

 ボルボ は、最上級モデルとなるSUV のXC90をフルモデルチェンジし発売を開始した。

 先代ボルボXC90は、2003年に7人乗りSUV として日本に導入。モデル途中からは、4.4LのV8エンジンを搭載したモデルを投入。このV8エンジンは、ヤマハ製ということもあり話題になった。そして、13年ぶりに新型となり日本に導入された。

 先代XC90のボディサイズは、全長4,800×全幅1,900×全高1,780mm。新型XC90は、全長4,950×全幅1,960×全高1,775mm。全高が5mmほど低くなったものの、全長+150弌∩管+60个抜袷瓦砲劼肇ラス上のサイズとなった。BMW X5より、やや大きいボディサイズをもつ。もはや、これだけ巨大なボディサイズになると、道路の狭い日本ではなかなか使いにくい。元々北米をメインターゲットとしているXC90なので、日本マーケットにはなかなか合わない。最小回転もエントリグレードを除けば6.0mとなっていて、小回りは苦手だ。

 ボルボといえば、スタイリッシュな北欧デザインが魅力だ。今回投入された新型ボルボXC90も北欧デザインを踏襲しながらも、かなり先鋭化されている。まず、ひと際存在感を主張しているのがLEDヘッドライトだ。北欧神話に登場するトール神(雷神)がもつハンマーをモチーフとし、T字型のポジションライトがXC90であることをアピールする。また、リニューアルしたアイアンマークを中央に配したエレガントなグリル、リヤライトの力強い造形をもつ。全体的にシンプルでクリーンな印象が強い。このクラスは、どうしても威圧感ある押し出しの強いデザインになる傾向があるが、XC90はなかなか落ち着いた品のあるSUVに仕上がっている。アクの強い押し出し感たっぷりのSUVに閉口しているような顧客にとっては、とても魅力的な1台といえる。

 インテリアも外観同様非常にオリジナリティあふれるデザインとなった。SUVのインテリアデザインといえば、太く力強いセンターコンソールなどSUVらしい力強さと、いかにもラグジュアリーな加飾が施される。新型XC90もセンターコンソールは、太く力強さをアピールするもののクリーンでモダンなスカンジナビアンデザインを採用。派手さよりも洗練さが際立ち、落ち着いた雰囲気にまとめている。こうしたデザインは、ドイツやアメリカ、日本車とはまったくことなるもので、XC90だけのもの。落ち着いたデザインの中にも、素材の上質感を上手く表現したスカンジナビアンラグジュアリーといった印象だ。そして、乗車定員は7人。2/3/2のシートレイアウト。全長が大幅に伸びたことから、より高い居住性となったことが期待できる。

 搭載されるパワーユニットは3タイプ。ボルボの新世代パワーユニットであるDrive-E 2.0L4気筒エンジンを基本とし、直噴ガソリンターボ、直噴ガソリンターボ+スーパーチャージャー、直噴ガソリンターボ+スーパーチャージャー+モーターのPHVが用意された。出力は2.0Lターボが254ps&350Nm。2.0Lターボ+スーパーチャージャーは320ps&400Nm。PHVは320ps+87ps&400Nm+240Nmとなっている。出力は十分なものがあるものの、北米ではV型エンジンが好まれるので、こうした直4エンジンの高級SUVが売れるのか注目される。

 そしてXC90の燃費は、2.0Lターボが12.8/L。2.0Lターボ+スーパーチャージャーが11.7/L。PHVが15.3/Lとなった。2.0Lエンジンということもあり、燃費値は良好だ。日本に導入されるモデルは、全車AWDとなった。

 また、欧州には2.0L直4ディーゼル もラインアップされている。D4が190ps&400Nm、D5が225ps&470Nmと出力により2グレードに分けられている。日本マーケットは、ガソリン車がハイオク仕様となるため燃料費面でいえばディーゼルが経済性が高い。さらに、税金面でも有利になるので、車両価格にもよるが、あえてガソリン車を選ぶ理由が見当たらないくらいだ。いずれ、日本マーケットにもXC90のディーゼル車がラインアップされると予想できるので、XC90に興味があるのならしばらく動向を見守ってからが購入するといいだろう。

進化した安全装備。さらに、惜しみなく全車に標準装備!現状のラインアップなら、PHVがお勧め。ただし、今後導入が期待されるディーゼルが本命!

 
 そして、ボルボといえば世界トップレベルの先進安全装備。フラッグシップといえるXC90には、2つの世界初となる安全技術が採用された。一つめが「ランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故時保護システム)」。車両のASDM(アクティブ・セーフティ・ドメインマスター)がミリ波レーダー/高解像度カメラ一体型センサーユニットにより、道路から逸脱したことを検知すると、即座にシートベルト・テンショナーがシートベルトを巻き上げ、シートとシートフレームの間にあるメタル製クッションが乗員にかかる衝撃を吸収。乗員の身体へのダメージ、特に脊椎損傷による重症化を防ぐ。

 二つめは「インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)」。交差点の右折時に直進してくる対向車との距離や速度を検知して、そのまま右折すると衝突すると判断された場合、衝突を回避・軽減するオートブレーキが作動。無理な右折での事故を防止する。

 こうした世界初の安全装備に加え、従来からボルボがもっていた夜間でも対応可能な歩行者・サイクリスト検知機能付フルオートブレーキや50km/h以下の速度域でのステアリングアシストを実現したパイロットアシスト(追従時車線維持機能)など全方位的な先進安全装備を全車に標準装備した。多くの国産車がこうした安全装備をオプション化するなか、ボルボは全車に標準装備化したことは高く評価できるポイント。標準装備化をしない、技術的に遅れている自動車メーカーであっても、企業の姿勢として交通死亡事故ゼロを目指すとしている。こうした建前と本音を使い分ける自動車メーカーを選ぶか、ボルボのように実直に安全に対して真摯に向かい合っているかどうかというのもクルマ選びでは重要だ。

 新型ボルボXC90の価格は、エントリグレードのT5 AWD Momentumが7,740,000円から。最上級モデルのT8
Twin Engine AWD Inscriptionは10,090,000円となっている。XC90の選び方は、基本的にディーゼルモデルが導入されてからがお勧めだ。軽油を使うので燃料経済性が高く、ランニングコストは抑えられ、エコカー減税などの恩恵を受けられる。ディーゼル車なので、大トルクによる動力性能の高さも魅力的で2トンを超えるXC90との相性はいいはずだ。

 ガソリン車&予算も問題ないのであれば、やはりPHV がお勧めとなる。電気モーターで35.4/L走行可能で、近距離の通勤や近所での使用ならほぼガソリンを使わずに使える。これだけの高級車であるのなら、やはりPHVくらいの先進性が欲しいところだ。

ボルボXC90価格

■ボルボXC90価格
・XC90 T5 AWD Momentum 7,740,000円
・XC90 T6 AWD R-DESIGN 8,790,000円
・XC90 T6 AWD Inscription 9,090,000円
・XC90 T8 Twin Engine AWD Inscription 10,090,000円

ボルボXC90燃費、スペックなど

代表グレードボルボXC90 T8 Twin Engine AWD Inscription
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)4,950×1,960×1,775mm
ホイールベース[mm]2,985mm
トレッド前/後[mm] 1,675/1,680
車両重量[kg]2,320kg
総排気量[cc]1,968cc
エンジン最高出力[kw(ps)/rpm]235(320)/5,700
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]400(40.8)/2,200-5,400
モーター最大出力[kw(ps)]65kW(87ps)
モーター最大トルク[N・m(kg-m)]240Nm(24.5kgm)
ミッション8速AT
タイヤサイズ275/40R21
JC08モード燃費15.3/L
定員[人]7人
税込価格[円]10,090,000円
発売日2016/1/27
レポート編集部
写真ボルボ

この記事をCORISMで読む→