「周りの友人が入っているから」「保険会社に入っている友人に勧められたから」保険に加入している若い方に、保険加入のきっかけを聞くと、このような答えが非常に多いのです。しかし、保険の本当の目的は何なのでしょうか?この“目的”をしっかり考えて加入することがとても大事です。

 保険はなぜ入るのか?

 そもそも私たちは民間の保険に入る前に、社会保険に加入しています。この社会保険の内容をしっかり理解することが、保険選びの第一歩です。例えば、医療に関して。私たちの病院での支払いは3割負担です。さらに高額療養費制度というものもありますので、一般的な所持の方だと1か月入院して100万円の費用がかかったとしても、これらの公的補助を使用すると、食事代やテレビカード代などを合わせても必要なのは日額でだいたい5000円程。

 つまり保険というのは、社会保険、そして自分の貯金などでまかなえない部分を民間の保険で補うというのが基本的な考え方です。極端な話、お金があれば加入する必要はありませんし、お金がなければ逆に手厚い保障を検討する必要があります。

 保険に入る目的は大きく7つあります。先ほど、医療の例を出してお話しましたが、保険加入の目的としては、大きく7つあると考えています。

1、万一の生活資金・住宅資金・教育資金

2、死亡整理資金・生活立て直し資金

3、病気・ケガ

4、就業不能・介護

5、資産形成・貯蓄

6、相続・贈与

7、災害・事故

 この7つの目的を軸に、今の自分にはどの保障が必要なのかということを考えて保険を検討しましょう。

■30代、独身と結婚している場合で入るべき保険に違いはあるのか

 独身のときは“自分のことだけ”を考えれば良いので、多くの人が病気になったときのための医療保険などを主に検討するでしょう。また、将来のことを考えて貯蓄型の保険に入る方もいるかもしれません。しかし、結婚すると、自分のことだけを考えればいいというわけではありませんね。“家族”のことも考えなければなりません。

 もしも自分が死亡した場合に、家族の生活費や子どもの教育資金をしっかり確保しておく必要があります。先ほどの7つの目的考えると、まさに1に該当しますね。結婚は保険見直しのタイミングとよく言われていますが、なぜ見直すのかというと “家族のための保険”を考えなければならないからなのです。結婚だけでなく、自分の置かれている立場や環境が変化したときは、保険の見直し時期であるということを覚えておきましょう。

あらためて「保険」に入る目的を考える

■働き盛りの今のうちに!老後のための貯蓄と保険

 30代であれば、多くの人が仕事をしていて毎月の収入があることでしょう。定期的に収入がある今だからこそ、老後の資金を今からどうしようかと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが、銀行で定期預金をしたほうが良いのか、貯蓄性のある保険に加入したほうがよいのか、ということだと思います。

 結論から申し上げると、貯蓄性のある保険に加入したほうが、

・保障と貯蓄が同時にできる

・定期預金より戻り率(返戻金)がよい

 というメリットがあります。保険には、病気のときや、死亡したときなどのための保障が付いていますし、病気に備えておいたが、結局使わなかったという場合も満期のときや、解約した際に返戻金として今まで払い込みした金額より多く戻ってくる保険もあります。また、解約返戻金は早くに保険に加入していればいるほど、返戻率も高くなります。保険料も年齢が若いほうが安く済むので、早めに検討して損はありません。

■保険見直しのタイミングは今!?自分の加入している保険の保障内容、覚えていますか?

 すでに保険に加入していて、自分はまだ独身、という人も安心していてはいけません。日本は今、“少子高齢化”“長生きの時代”となっています。そうなってくると、各保険会社の商品の中でも特に医療保険や介護保険は、毎年内容が見直されています。もし、今あなたが加入している保険の保障内容をスムーズに言えなかったら、保険の見直しのタイミングかもしれません。

 また、「日帰り入院から保障します」という内容も、実は一昔前の話。今では、5日未満の入院、つまり1日だけの入院でも5日分の入院費用が出る保険もあります。「へぇー!そんなんだ!」そう感じたら、ぜひご自身の保険内容を見直してみてください。

文/阿部健介

(株)保険見直し本舗コンサルティングアドバイザー。 過去対応した相談件数は900件超。対応エリアは福岡市を中心に北九州など。 多くの方に「本物の保険」を伝えるべく、家族から個人事業主まで保険のコンサルティングを行なっている。