17日、オバマ米大統領と東南アジア諸国連合10首脳らは米カリフォルニア州で開かれた会議後に共同声明を発表し、南シナ海問題については航行・飛行の自由を維持することを明記した。資料写真。

写真拡大

2016年2月17日、ロイター通信によると、オバマ米大統領と東南アジア諸国連合(ASEAN)10首脳らは同日、米カリフォルニア州で開かれた会議後に共同声明を発表し、南シナ海問題については航行・飛行の自由を維持することを明記した。

2日間の会議を終えた米国とASEAN首脳は16日、共同声明を発表したが、中国を名指しすることに反対する加盟国があったため、明記は避けた。だが、地域の平和と安全、安定を維持するための航行・飛行の自由を維持するという内容は盛り込まれた。会議終了後に記者会見したオバマ大統領は、国際的規範と、すべての国の権利が守られる地域の秩序を支持することについてASEAN首脳と確認したと述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「いつも通り、何の権限もない共同声明だ。いつだってお金が最優先なんだよ」

「オバマ大統領は中国とは面倒を起こさないだろう。彼はよく分かっているし、他国も分かっている」

「私たちは中国に経済的な打撃を与える必要がある。そうすれば、彼らは南シナ海について論理的に考えるようになるだろう」

「地球温暖化などと同じように、またしても注目を浴びる国際会議だ。ファンファーレが鳴り響く中、多大な期待がかけられ、報道される。参加国は劇的な共同声明を発表し、合意するために合意しただけだ」

「中国について明記せずに、どうやって南シナ海の緊迫した状況について議論できるんだ?」

「中国の勝ちだ!またしてもね!」(翻訳・編集/蘆田)