2014年、FIA世界耐久選手権(WEC)のトップカテゴリーに復帰したポルシェ。2015年にル・マン24時間でのワン・ツーフィニッシュを果たし、さらにシリーズチャンピオンを獲得したLMP1マシン「919ハイブリッド」は、名前の通り、ハイブリッドシステムを搭載したレーシングカーです。

排気エネルギー回生システム、フロントのエレクトリック駆動、最新のリチウムイオンバッテリーといった要素からなるハイブリッドシステム。そして後輪を駆動するのがレーシングカー用に開発された4気筒ターボチャージャー付エンジンというパワーユニットの構成となっています。

その2.0リッター4気筒というダウンサイジングトレンドをリードするコンパクトなエンジンの画像が初公開されました。

M16_0253_fine

ポルシェといえば、水平対向エンジンというイメージが色濃いブランドですが、このレーシングエンジンのレイアウトは、V型4気筒。バンク角は定石の90度となっています。

2015年シーズンにおける最高出力は500馬力以上だったといいますが、2016年のレギュレーションによりエンジン単体の出力は500馬力を下回ることになるそうです。ちなみに、ハイブリッドシステム全体としての最高出力は900馬力以上ということです。

とはいえ、レギュレーションの自由度が大きいことが、ポルシェがWECに参戦している理由のひとつ。

そのレーシングエンジンで培ったノウハウは、市販車にもフィードバックされることになります。たとえば、4気筒ターボとなる718ボクスターの水平対向エンジンは、919ハイブリッドのV4エンジンとボアピッチ(シリンダー間距離)や、ショートストロークのプロフィール、センター配置の直噴インジェクターなどが共通しています。

こうした点について、919ハイブリッド責任者のアレクサンダー・ヒッツィンガーは、「パワートレインについて市販車のエンジニアたちと緊密に連携しました。彼らはエンジンの燃焼と混合気の分野で私達を大いにサポートしてくれています」と語っています。

M15_5420_fineM15_5544_fineM16_0252_fineM16_0253_fineM16_0254_fineM16_0255_fine

(山本晋也)

世界チャンピオン・ポルシェの2.0リッターV型4気筒ターボが初公開(http://clicccar.com/2016/02/18/354929/)