おもちゃメーカーがつくった「おもちゃ製造3Dプリンター」

写真拡大

玩具メーカーのマテルは「ニューヨークトイフェア 2016」で、自分だけの玩具がつくれる300ドルの3Dプリンター「ThingMaker」を発表した。

「おもちゃメーカーがつくった「おもちゃ製造3Dプリンター」」の写真・リンク付きの記事はこちら

玩具メーカーのマテルは「ニューヨークトイフェア 2016」で、自分だけの玩具がつくれる300ドルの新しい3Dプリンター「ThingMaker」を発表した

ThingMakerは、ソフトウェア会社Autodeskと共同開発した3Dプリンティングアプリ「ThingMakerDesign」と連動する(「Android」版と「iOS」版がある)。

ThingMakerDesignには、アクションフィギュアや人形、ブレスレット、指輪など、あらゆる玩具をつくるのに利用できるテンプレートがある。テンプレートを使うことに慣れたら、ゼロから玩具をデザインすることもできる。

プリントアウトする玩具はすべて、さまざまな色や質感にカスタマイズ可能だ。ThingMakerで玩具のパーツをプリントアウトして、組み立てていくこともできる。

ThingMakerは、玩具を製作する際にPLA(ポリ乳酸)フィラメントを使用する。PLAフィラメントは、市販されている大半の3Dプリンターに使用されている普遍的な素材だ。

Amazonで300ドルでプレオーダーを開始したが、製品発売は10月15日だという。

関連記事:3Dプリンターで自作した半自動小銃の威力(動画あり)

TAG

3D PrintingArs Technica USToyVideo