<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 初日◇18日◇グランジェGC ウェストコース(6,600ヤード・パー72)>
 米国女子ツアー『ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン』が開幕。午前スタートの全選手がホールアウトし、午後組も全員がスタート。今週は日本人選手8人が出場が、その中で開幕2戦でともに13位に入り、今季好スタートを切った野村敏京が6バーディ・3ボギーで“69”にまとめ、3アンダーの8位タイにつけ日本勢トップにつけている。
 また、今季プロ宣言をした永井花奈が3バーディ・1ボギーの“70”でラウンド、2アンダーの22位タイ。その他の日本勢では宮里美香が1アンダーで40位タイ。横峯さくらが1オーバー84位タイ。主催者推薦で大会に出場している酒井美紀が2オーバー112位タイ。上原彩子が3オーバー128位タイ、小貫衣織が8オーバーで156位タイとしている。また、アマチュアの岩崎美紀が1アンダーで40位タイにつけている。
 現在首位は“63”で回り9アンダーをマークする韓国のキム・スービン。2位は6アンダーのケーシー・グライス(米国)がつける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>