「現美新幹線」は2016年1月に姿を現し、「黒い新幹線」として話題になった。画像は検討時のイメージイラスト(画像出典:JR東日本)。

写真拡大

「黒い新幹線」として話題になった「現美新幹線(GENBI SHINKANSEN)」について、運行の詳細が発表されました。通常の新幹線と同等の料金で乗車できます。

新潟県内で土日を中心に1日3往復

 JR東日本は2016年2月18日(木)、「現美新幹線(GENBI SHINKANSEN)」の運行について詳細を発表しました。

 この「現美新幹線」は、外装のデザインを写真家で映画監督の蜷川実花さんが、車内のデザインを「絵画」の松本 尚さん、「立体」の荒神明香さんといったアーチストたちが担当した「現代アート」の新幹線。JR東日本によると、“世界最速の芸術鑑賞”を楽しめるといいます。

 運転開始は4月29日(金・祝)で、6月末までの土日とゴールデンウイーク期間に走行。7月以降については決まり次第、案内される予定です。

 運転区間は上越新幹線の新潟県内、越後湯沢〜新潟間。以下のダイヤで臨時「とき」として各駅に停車し、各日3往復の運転です

・とき451号 越後湯沢 8時24分発〜新潟 9時14分着
・とき452号 新潟 11時26分発〜越後湯沢 12時20分着
・とき453号 越後湯沢 12時44分発〜新潟 13時38分着
・とき454号 新潟 14時02分発〜越後湯沢 14時56分着
・とき455号 越後湯沢 15時20分発〜新潟 16時14分着
・とき456号 新潟 18時18分発〜越後湯沢 19時08分着

料金は通常の新幹線と同等 13号車にはカフェ

「現美新幹線」は、かつて秋田新幹線で使用されていたE3系電車を使用。6両編成で、11号車の指定席は一般発売のきっぷで乗車可能です。発売は3月29日(火)の10時から、全国のJR駅にある「みどりの窓口」などで行われます。「えきねっと」「モバイルSuica特急券」でも取り扱われます。

 12号車から16号車までは“旅行商品”としての発売です。3月1日(火)の14時から、JR東日本の「びゅうプラザ」や主な旅行会社で予約の受付が開始されます。

 旅行商品の「現地発着コース」は「現美新幹線」の片道乗車券と特急券、「現美新幹線」ロゴ入りスプーン・フォークセットの組み合わせで、越後湯沢〜新潟間で大人1人で5400円から5900円。通常、越後湯沢〜新潟間で上越新幹線の指定席を利用した場合は5380円です。旅行商品は首都圏発着の日帰り、宿泊コースなども用意されます。

 この12号車から16号車までは7月以降、自由席として発売される計画です。

 カフェスペースになっている13号車では、菓子研究家のいがらしろみさんが監修した「十日町すこやかファクトリー」のスイーツ、「ツバメコーヒー」こだわりのコーヒーやアルコールなどを提供予定。JR東日本は「車内の現代アートとともに是非お楽しみ下さい」としています。