18日、横浜ゴムは都内本社にて新規契約プロ発表記者会見を行い、2013年に国内女子ツアーで賞金女王に輝いた森田理香子とPRGR(プロギア)ブランドのクラブ、グッズ、さらにコーポレートシンボルの入ったキャップ、サンバイザー、キャディバッグの使用契約を結んだと発表した。
【関連】新キャディバッグとともにポーズを決める森田理香子
 記者発表に登壇した森田は「私自身のプロとしての“勝ちたい”ということへのこだわりを叶えていただける横浜ゴム様と契約させていただき、光栄に感じています。今年からこの武器と手に、年間複数回優勝と特にメジャー大会での優勝を飾るように頑張っていきたいと思っております」と意気込みを語った。
 2008年のプロ転向時からダンロップのクラブを使用してきたが、今回は初の“移籍”で複数年契約。プロギアとクラブ契約を結ぶプロは国内男女とも“PRGRロゴ”が入ったキャップ、キャディバッグを使用するが、森田は“YOKOHAMAロゴ”の纏ってプレーするといい、横浜ゴムの広告塔として戦っていく。
 今季の目標は“3勝”。開幕戦『ダイキンオーキッドレディス』は優勝経験もあり、「すごく相性がいい、成績もいいので自分のなかで自信があります」といい、ホステスプロとして挑む開幕2戦目『PRGRレディス』は「これまで上位争いは1〜2試合しかないんですが、今年はまた違った形で望めるので、緊張感も楽しみもあり、一生懸命戦えればいいかなと思います」と、序盤戦から気合が入る森田。賞金女王戴冠後の2年間は1勝と上昇曲線を描けていないだけに心機一転、新シーズンで結果を残す。
<ゴルフ情報ALBA.Net>