ファミリー仕様の電動アシストモデル登場!

写真拡大

ヤマハ発動機は、幼児2人同乗基準に適合した電動アシスト自転車「PAS Kiss mini(パス キッス ミニ)」(14万3640円、税込=以下同)「PAS Kiss mini XL(エックスエル)」(15万120円)「PAS Kiss」(14万3640円)「PAS Raffini L(ラフィーニ エル)」(13万680円)の4機種を2016年2月17日に発売する。

「PAS Kiss」シリーズは、子どもの肩と腰をしっかりと固定しやすい5点式シートベルトや、面積が広いヘッドサポート、やわらかい乗り心地のサポートクッション、簡単操作でベルトの長さを調節できるアジャスターなどが好評を得ている、スーパーエンジェルシートを標準装備している。

さらに、低い重心でまたぎやすい「オープンワイドタフフレーム」や、てこの原理を応用することでスタンドがかけやすい「らくらく幅広スタンド」、手元で容易にハンドルを半固定可能な「テモトデロック」、リヤにチャイルドシートを装着した際にも安心な「大型ドレスガード」など子どもと運転者に使いやすい装備が満載だ。

「PAS Kiss mini」は、スタイリッシュなデザインで子どもの乗せおろしがしやすい20型モデル。「同 XL」は、12.8Ahリチウムイオンバッテリー搭載で、長距離走行に適した20型モデル。「PAS Kiss」は、スタンダードな26型モデル(前輪22型、後輪26型)。「PAS Raffini」は、子乗せ使用が終わってもおしゃれに乗ることができ、バスケットも装備した26型モデル。

また、なめらかで快適なアシスト走行を可能にする「トリプルセンサーシステム」や、残りアシスト走行可能距離を表示する「3ファンクションメーター」、ギアポジションごとに最適なアシスト力を供給する独自の「S.P.E.C.3」なども搭載。家族で使いやすいユニセックスでスタイリッシュなカラーをラインアップした。