かつて、どのスポーツでも『名選手必ずしも名監督にあらず』などと言われていたが、今やワールドテニスツアーでは、名選手が名コーチに十分なり得ることが実証されてきており、テニス界では"レジェンドコーチ"という造語ができているほどだ。

 日本で一番馴染み深いレジェンドコーチといえば、錦織圭が、2013年12月から招聘したマイケル・チャンだ。当時、なかなかトップ10入りを果たせなかった錦織は、選手時代の豊富な経験と実績を持つチャンからのより説得力のある助言を求めた。チャンは1989年ローランギャロス(全仏)で初優勝後、90〜91年にトップ10に定着できない時期があった。そんなチャンに、錦織は自分を重ね、自らの成長する姿をイメージしようとしたのだ。

 たしかにチャンは名選手だったが、当時ツアーコーチとしての実績は中国の女子選手を一時指導したことがあるぐらいで、ほとんどゼロに等しかった。指導者としてのチャンに懐疑的な部分は当然あったが、それはすぐに払拭された。

「会うまでは(不安が)ありましたね。どういうコーチングをするのか、最初はわかりませんでしたし。一緒にやっていくうちに、彼のアドバイスだったり、ひとつひとつ言うことが本当にプロフェッショナルというか、尊敬できることばかりなので、不安はすぐになくなりました」

 偶然にも14年シーズンから、コーチとして現場復帰したのはチャンだけではなかった。

 ロジャー・フェデラーが、グランドスラム(以下GS)6回の優勝を誇り、元世界1位のステファン・エドバーグと、ノバク・ジョコビッチが、やはりGS6回優勝で元世界1位のボリス・ベッカーと、マリン・チリッチが、01年ウインブルドン優勝者のゴラン・イバニセビッチとそれぞれタッグを組んだ。"レジェンドコーチ"はちょっとしたブームとなった。

 フェデラーは13年シーズンの不振から抜け出すためにエドバーグに助言を求め、エドバーグはフェデラーがもともと得意とするネットプレーを増やして、攻撃テニスをブラッシュアップさせた。プロデビュー時はサーブ&ボレーを多用していたフェデラーにとっては原点回帰のようなものだったが、この戦略が当たり、フェデラーは世界ランク2位まで再浮上。エドバーグとのコーチ契約は当初1年だったが、15年シーズンも一緒にツアーを回った。

 ジョコビッチは14年1月時点で、すでにGSで6回優勝していたが、大舞台でのメンタルの対処法をベッカーから学ぶことで、さらなる飛躍を望んだ。ベッカーと組んでから現在まで、グランドスラムで5回も優勝し、世界1位を盤石なものにしており、ベッカー効果はてき面に表れている。

 チリッチのコーチになったイバニセビッチは、「自分の現役時代に、レジェンドコーチがいたら、(自分は)もっとGSで優勝できたんじゃないかな」と、この"ブーム"をうらやましがった。そんなイバニセビッチは、クロアチアの後輩であるチリッチを、14年US(全米)オープンでGSチャンピオンに導いてみせた。

 このようにレジェンドコーチたちは、名選手が名コーチになり得ることを示してきたが、そもそも、この流れの発端はアンディ・マリーが、12年1月からGSで8回もの優勝を飾った元世界1位のイワン・レンドルを、ツアーコーチにつけたことだった。

 当時マリーはGS決勝で4連敗し、メジャータイトルにどうしても手が届かなかった。だが、「多くの人がそう思わない時でも、イワンは僕を信じてくれた」と、マリーは、我慢強く自分と向き合ってくれたレンドルを心から信頼し、自分自身の力を信じられるようになった。そして、12年9月にUSオープンで初優勝。ついにGSタイトルを獲得したのだった。

 レンドルとの師弟関係が終了した後、マリーは、14年6月から、06年オーストラリアンオープン(全豪)とウインブルドン優勝者で、元女子世界1位のアメリ・モレスモをコーチにつけた。当初は、女性をツアーコーチに帯同させるのかと、周囲は好奇と懐疑の目で見ていたが、マリーは意に介さず、彼女のGS優勝の経験を高く評価していた。

 いずれも共通しているのは、GSでの優勝などトップレベルでの実体験に基づいたレジェンドコーチたちの豊富なアドバイスを、選手達が状況を打開するために求めている点だ。

 そして、16年シーズンに入って、レジェンドコーチ事情に新たな動きがあった。

 ミロシュ・ラオニッチが、1998年全仏優勝者で元世界1位のカルロス・モヤをコーチにしたのだ。

「自分のゲームをより効率的なもの、より良いものにしてくれる手助けをしてもらえると思った。オンコートでもオフコートでも多くの識見を与えてくれる。自分は、試合後にスイッチオフして完全にリラックスすることがうまくできなかったけど、彼が心を穏やかにしてくれる。彼には莫大な知識があるから、僕を手助けしてくれると思う」

 こう語るラオニッチは、16年全豪で初めてベスト4入りし、ATPランキングを14位から11位まで上昇させ、早速レジェンドコーチ効果を発揮した。

 また、フェデラーはエドバーグとのコーチ契約満了後、15年12月から元世界3位のイワン・リュビチッチをコーチに招いた。リュビチッチは13年5月から昨シーズンまで、ラオニッチのコーチをしていたが、タイミングが合ってフェデラーからの打診を快諾した。

 12年4月に33歳で引退したリュビチッチは、キャリア終盤、子どもを持つ親としてプレーを続けていた。現在、フェデラーも34歳になってキャリアの終盤に入り、4人の子どもを持つ父親になった。オフコートでよりリラックスしたいフェデラーは、同じ境遇を経験した2歳だけ年上のリュビチッチに、よりよい理解者を求めたということなのだろう。

 今シーズンが始まって約2カ月が経過したが、ジョコビッチ(ATPランキング1位、2月15日付け、以下同)は、全豪で最多タイとなる6回目の優勝。マリー(2位)は全豪5回目の準優勝。そして、錦織(7位)は全豪で3回目のベスト8、さらにATPメンフィス大会で史上初の4連覇を成し遂げた。それぞれのレジェンドコーチ体制はうまく機能し、いいスタートが切れている。

 一方、新体制組も上々の滑り出しで、フェデラー(3位)は、全豪で12回目のベスト4(ただし、2月3日にひざの半月板の内視鏡手術を行ない、現在リハビリ中)、ラオニッチ(13位)は、トップ10復帰を虎視眈々と狙う。

 今後も、レジェンドコーチとトップ選手が起こす化学反応が、ツアーの見どころのひとつになっていきそうだ。

神仁司●文 text by Ko Hitoshi