清原容疑者は逮捕時、48歳

写真拡大

覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球スター選手、清原和博容疑者。逮捕当時の年齢は48歳だ。実は、覚醒剤の広がりは若者よりも40代以上が深刻化している。

会社員や公務員でも、一定の地位を築いている人に覚醒剤の「魔の手」が及んでいるようだ。

「高値」の覚醒剤が買え、社会的地位があり秘密守る

覚醒剤取締法違反で検挙される年代は、かつては20代が最も多かった。ところが今日では40代が最多だ。警察庁のまとめによると、2014年には「40代以上」が全体の6割近くを占めた。

清原容疑者以外にも、有罪判決を受けた歌手のASKAが56歳。また2001年に逮捕された元タレントの田代まさしさんは、当時45歳だった。田代さんの場合、以後も数回逮捕され、服役もしている。

暴力団関係者や密売人ではない一般人でも、この年代は少なくない。最近報じられた、覚醒剤所持や使用での容疑者逮捕のニュースをざっと探しただけでも、大阪市で無職44歳男性(1月28日)、兵庫県三田市で新聞専売所の元所長39歳男性(2月3日)、広島県呉市で52歳男性(本人は容疑を否認・2月12日)、神奈川県横浜市で町議会議員41歳男性(本人は容疑を否認・2月16日)と、40歳前後の事例が見つかった。

2016年2月11日放送の「時論公論」(NHK)は、中高年の覚醒剤使用が増えている点について、「密売する側と、使用する中高年側、双方の事情がかみ合ってしまっている」という専門家の指摘を紹介した。

密売側にとっては、覚醒剤は大麻や危険ドラッグに比べて高値なので、若者よりお金を持っている中高年を狙う。しかも社会的地位や家庭があるので、秘密を守れる点でも、格好のターゲットになる。番組によると、2015年に逮捕されたなかには、40代の市議会議員や新聞社幹部、50代の消防士がいたという。

自分の人生が台無しになるにもかかわらず、覚醒剤に手を出す理由――それはこの年代特有の、仕事や人間関係の悩みが大きいようだ。

深い孤独感、職場の人間関係、仕事がうまくいかない...

清原容疑者の場合、理由としてしばしば指摘されているのが孤独感だ。日本経済新聞電子版2016年2月12日付記事で、薬物問題に詳しい小森栄弁護士は、「スターだった現役時代に比べ、引退後は私生活も孤独で薬物に依存していったのではないか」と推測している。離婚により、子どもと思うように会えない寂しさをブログでもつづっており、ますます孤独を深めた可能性は高い。

田代まさしさんの場合、覚醒剤に手を染めた理由を2015年3月29日付「日刊SPA!」で明かしている。かつてはバラエティー番組で人気者だったが、

「ずっと人気を維持して活動を続けるのってすごい難しいのよ。今まで何十年もやってきて、毎日おもしろいこと言わなきゃいけないってことになってきて、それでだんだん疲れてきたの」

と仕事への苦悩を抱えていた。そんな時に、「悪魔の誘惑」が忍び寄ってきたようだ。

2014年6月5日放送の「クローズアップ現代」(NHK)では、逮捕された中高年が、覚醒剤を使った理由を告白していた。

「自宅から遠い小学校へ異動を命じられ、左遷されたと感じた」(57歳、小学校校長)
「人事再編のため上司と折り合いが悪く、ストレスがたまっていた」(40代男性)
「新規の顧客開拓のため残業が増え、いつも疲れが残っている」(40代男性)

いずれのケースでも、仕事上の悩みが深い時期に密売人に狙われ、「心の隙間」にスっと入り込まれてしまったようだ。