ゲーマーをその気にさせる多彩な機能を備える

写真拡大

パソコン(PC)やタブレットなどを扱う日本エイサー(東京都新宿区)は、ゲーミングブランド「Predator(プレデター)」の35型液晶ディスプレイ「Z35bmiphz」を2016年2月19日に発売する。

緩やかな曲面を描く21対9の「シネスコサイズ」。"黒"を純粋に表現し、ゲームプレイに適したVA(Virtical Alignment)方式パネルを採用。リフレッシュレートをPCに搭載されたGPU(グラフィック・プロセッサー)に同期させ、画面のスタッター(カク付き)や入力遅延を抑える「NVIDIA G-Syncテクノロジー」対応。リフレッシュレートは200Hz。

ゲームジャンルに応じて最適な映像表示に設定され、右下の選択ボタンで選べる3種類の「Game Viewモード」、暗いシーンの視認性を高める「Dark Boost」機能を備える。そのほか「ブルーライトフィルター」「フリッカー(ちらつき)・レス」機能により長時間のゲームプレイを快適に楽しめるという。「DTS Sound」対応、計18ワットスピーカーを内蔵する。カラーはブラック。

価格はオープン。