2015年10月1日にマイナーチェンジを受けたトヨタ・クラウン。目玉はレクサスNXやISに搭載されている2.0Lの直噴ターボですが、ほかにも内・外装のリフレッシュや新色の設定、ボディ接合部の剛性強化、「ITS Connect」などの最新安全装備など、多岐にわたって改良されています。

昨年末に2015年に登場したトヨタの主要モデル(マイナーチェンジを含む)を集めたプレス向けの試乗会があり、そこでマイナーチェンジ後のクラウンにも乗る機会がありました。

すでにマイナーチェンジ後モデルを手に入れたオーナーの方も多いと思いますが、今回は人気の「アスリート」シリーズを中心にお届けします。

スポーティかつ押し出し感のある「アスリート」系が人気を集めているのは、外観デザインが大きいと思われますが、マイナーチェンジ後はフロントバンパー下端まで延長されたフロントグリルの枠が低重心を強調し、より迫力を増した顔つきに変更。

TOYOTA_CROWN_04

さらに、グリル両側のバンパーはコーナーへの張り出しと、後方へ向かう立体的な造形というふたつの大きな流れにより、ワイド&ローのスタイルを強調。

ヘッドライトは、1灯でロービームとハイビームの切り替え可能な「Bi-Beam LED」となり、デイライト機能付の面発光LEDクリアランスランプを採用することで、目元をより印象づけています。

TOYOTA_CROWN_02TOYOTA_CROWN_03

リヤは、コンビランプをひと回り大きなリング形状にすることで、立体感を表現していますが、フロントほど大きな変化は感じさせません。

TOYOTA_CROWN_06TOYOTA_CROWN_07

室内は「トヨタ」ブランドの最上級セダンにふさわしい質感が見どころですが、メノウ(石英の微細結晶の集合体で、層状または縞状の模様のある鉱物のこと)の積層柄加飾パネルの採用により、工芸品のような透明感と深みを表現。

TOYOTA_CROWN_08

なお、ターボエンジン搭載車には専用の内装色プルシアを加えることで、若々しさとスポーティさを増した内装となっています。

安全装備では世界初採用の「ITS Connect」が注目ですが、路車間通信、車車間通信の両システムともにインフラ整備と採用車両の増加が欠かせないだけに、現時点ではほかの安全装備も気になるところ。

具体的には、走行中にドアミラーで確認しにくい後側方の車両をレーダーで検知し、LEDインジケーターが点灯・点滅することでドライバーに注意喚起する「ブラインドスポットモニター」を用意。

ほかにも、「インテリジェントパーキングアシスト(イージーセット機能・駐車空間認識機能・ハンドルセレクト機能付)」を設定するなど、ドライバーサポート機能を充実させていますが、次世代安全装備の要であるはずの「Toyota Safety Sense P」がなく、早めの設定が待たれるところです。

TOYOTA_CROWN_07TOYOTA_CROWN_02TOYOTA_CROWN_03C62T2275TOYOTA_CROWN_01TOYOTA_CROWN_05TOYOTA_CROWN_08TOYOTA_CROWN_06TOYOTA_CROWN_04

(文/塚田勝弘 写真/佐藤靖彦)

【関連記事】

■「茜色」「紺碧」「天空」…クラウンに日本らしい色合いの12色を設定http://clicccar.com/2015/10/02/330408/

■トヨタ新型クラウンに2.0L直噴ターボエンジン搭載車を新設定
http://clicccar.com/2015/10/02/330392/

■トヨタ新型クラウンに世界初の運転支援システム「ITS Connect」採用!
http://clicccar.com/2015/10/01/330190/

スポーティムードをより高めた人気のトヨタ・クラウン「アスリート」はどこが変わった?(http://clicccar.com/2016/02/18/354653/)