17日、中国広東省広州市のとあるマンションにお目見えしたガラス張りのエレベーターが近隣住民の注目を浴びている。

写真拡大

2016年2月17日、信息時報によると、中国広東省広州市のとあるマンションにお目見えしたガラス張りのエレベーターが近隣住民の注目を浴びている。ただ、このエレベーター、所有者が「高齢の親が外出しやすいように」と当局の許可を待たずに設置した違法エレベーターだという。

同市白雲区にあるこのマンションは地上7階建てで、1階は店舗、2〜6階は住居スペースとなっており、オーナー家族は7階で生活している。エレベーターが止まるのは1階と7階のみ。設置した男性はこれが違法だということを認めた上で「高齢の家族の外出のためだけに作った。家の中で倒れるようなことがあってもエレベーターがあれば病院への搬送がスムーズ」と説明、マンションの価値を高めるためのものではないと話した。

男性は70代の両親と90歳を超えた祖母と同居しており、設置費用はおよそ40万元(約700万円)。「必要な手続きは今後行うし、罰金処分も受け入れる。どうかわが家の実情を考慮してほしい」とも訴えている。(翻訳・編集/野谷)